夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年4月6日(月)】
 夜間部の皆さん、19日ぶりのブログです。
 新型コロナウィルス感染症対応のため、忙殺されていました。
 今日の始業式で皆さんの元気な顔を見ることができてうれしく思います。画像の処理については何とかやってみましたが、うまくいっていません。堪忍してください。
《今日の給食》

▲今日の給食はサンドイッチ、牛乳、ヨーグルト、バナナでした。油脂を摂りすぎている私にとってはとてもよかったのですが、皆さんはいかがでしたか。

《始業式》


▲校長講話
 新校長先生である平野泰博先生から主に2点についてお話がありました。
 1点目は、具体的な目標を持って努力してほしいということです。誰しも何らかの目標や将来の夢は抱いているものですが、はっきりした形を描いていないと実現するのは難しいものです。より具体的な形を描いてみましょう。
 2点目は、新型コロナウィルスに対する危機意識を持った心構えについてです。自分だけは感染しないとか、少しぐらいなら大丈夫だなどとは考えず、手洗いやうがい、咳エチケットを心がけて、3密(密閉・密集・密接)を避けましょう。カラオケやライブ等3密状況が考えられる場所には近づかないでください。
 なお、生徒指導主事の兼井雅典先生からもご家族の例を出して新型コロナウィルス感染症への自己管理のお話がありました。
 私からは、マスク購入のために3時間20分並んだ報告をしました。

《国語の授業》 
 3月に何回か漢文の紹介をしました。その中で孔子について1、2度書きました。覚えていますか。
 恥ずかしい話ですが、私は何で『論語』が教科書に採られているかを教師になるまで考えたこともありませんでした。しかし苦労して学校に来ている生徒(もう30年以上も前のことですが)を見ていて、この子たちのために編集者が『論語』を採択したのだと思うようになりました。
 その理由は、次のようなことです。
 孔子のつぶやきがとても深いところで生まれて、人生のある場面でつまずいている者の気持ちを汲み取り、辛さから救い上げてくれるからというものです。
 農夫である父親と儒者集団の一員である母親との間に生まれ、15歳まで学問を授かることもなく生きてきた少年が、苦労して学問を身につけ、町役場の小遣いさんから総理大臣にまでなっていく成功の物語。そしてその後の亡命生活。波瀾万丈という言葉そのものの生き方をした孔子のように、自分が置かれた環境に負けない人になってほしいと思う者なら、是非学んで強く優しくなれるよう『論語」を教えたはずです。。
 若い頃の私は、『論語』を感動を持って読めるようになってほしいと願って教材研究に打ち込んでいました。

 吾十有五にして学に志す。
 三十にして立つ。
 四十にして惑わず。
 五十にして天命を知る。
 六十にして耳従う。
 七十にして心の欲するところに従えども矩をこえず。

 学問に気づくのは幼い頃でなくてもよいのです。孔子は15歳でやっと学問ができる環境を創りはじめました。貧しくて貧しくてろくに束脩も払えなかったと思います。それでもなけなしの束脩を携えて先生の下に出向き、教科書もないまま素読を聞いて後に続いて諳んじていたのだと思います。
 皆さんもどうぞ試験の点数も今までの学校での様子も何も気にしないで、これからの勉強に取り組んでください。そして困ったら職員室を訪ねてください。先生方が力になります。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月18日(水)】
 夜間部の皆さん、今日は皆さんの元気な顔に出会えてうれしく思いました。履修登録を済ませ、修了式を終えて、小川先生を囲んで、一枚の写真に収まることができました。
 休みが続くと、生活のリズムが乱れてきてしまう人もいるようですが、感染症予防の「手洗い」「うがい」「マスクの着用」「咳エチケット」を忘れずにしましょう。

 さて、今日もまたまた国語の授業です。
 
 『蛇足』というお話を知っていますか。『蛇足』も『狐借虎威』と同じ『戦国策』という書物にあるお話です。
 
 中国の戦国時代に斉という国があって、閔王という王様がおいでになりました。その時代のお話です。
 隣国である楚に昭陽という将軍がおりまして、昭陽は楚のために魏の軍を打ち破り、魏の八つの城を奪いました。そして、その勢いを駆って斉へ軍を進めました。
 昭陽率いる楚の軍隊を目の前にして、斉の王様は危機を感じていました。そこで、陳軫が使者として昭陽将軍を説得に出かけます。説得の際にたとえ話として話されたのがが『蛇足』です。
 陳軫は昭陽将軍にこう話します。
「楚の国の法では、軍隊を打ち破りその将軍を滅ぼしたら、手柄としてどのような朝廷の仕事や位が与えられますか。」と。
 すると、昭陽は、「官としては最上位を与えられ、爵位も公爵を与えられる。」と答えます。
 陳軫は続けて尋ねます。
「そのほかにこれより貴いものは何かありましょうか。」
 昭陽は、「総理大臣だけだ。」と答えます。
 陳軫は続けて言います。
「総理大臣は確かに貴い官職でしょうが、王様は二人はお置きにならないでしょう。それで私はあなたのために一つお教えいたしましょう。よろしいでしょうか。
 (続けて話します。)楚の国にお祭りをした者がおりまして、仕えていた者たちに対して大杯に入れた酒を振る舞いました。
 おそば近くに仕えていた者たちは話し合います。
『何人かでこの酒を飲むとしたら足らない。一人でこの酒を飲むとあまりがあるくらいだ。そこでどうだろう、地面に蛇の絵を描いて一番先に書き上げた者がこの酒を飲むことにしたら。』
 話がまとまりまして皆で蛇の絵を描き始めます。しばらくして、一人の者が真っ先に蛇の絵を描き上げました。酒の入った大杯を手許に引き寄せて、左手で大杯を持ち、右手で蛇を描き続けていました。
 そして、『私は蛇の足も描けるぞ。』と、とんでもないことを言います。
 そう言って書き続けているうちに、別の人が蛇を描き終えました。
 そして大杯に入った酒を奪い、次のように言って大杯の酒を飲んでしまいます。
『蛇にもともと足はないんだ、あなたにはどうして蛇の足が描けるものか。』
 蛇に足を描こうとした者は遂にお酒を失ってしまいました。

 将軍。あなたは、楚の大臣として魏を攻めて魏の軍隊を破り魏の将軍を滅ぼしました。八つの城も手に入れて、軍の勢いを弱めずに斉を攻めようとしています。斉の国の者は皆、将軍を心の底から恐れています。
 将軍は魏を破っただけでも十分なご褒美に与れるはずです。それ以上に功績を挙げるてもこれ以上の官位や爵位はいただけません。連戦連勝して止まるところを知らない者はやがて身を滅ぼしてしまいます。爵位や官位も失ってしまいます。これでは蛇足を為す(蛇の足を描く)ようなものです。」
 この話を聞いた昭陽は軍隊を解散させて自分の国へ戻っていきました。

 皆さんはどう思いますか。4月になって顔を合わせたときに感想を聞かせてください。

【告知】今週も国語関連の文章を載せます。


 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月17日(火)】
 夜間部の皆さん元気に過ごしていますか。

 今日もまたまた国語の授業です。
 
 『狐借虎威力』は『戦国策』という書物にあるお話です。
 
 中国の戦国時代に楚という国があって、宣王という王様がおいでになりました。王様の下へ魏の国から江乙という人が使者としてやってきました。王様の前でこのような話をします。
「楚の国の人たちは他人の良い行いを隠さず、他人の良くない行いを他人に告げたりしませんね。本当ですか。」
 王様は「本当だ。」と答えます。
 江乙は続けてこう言います。
「それでは白公(楚の国の太子建の子である勝が楚の国の白に領地を与えられて名乗った名)の乱(太子建が讒言に遭って鄭に出奔した後、晋と結んで鄭を伐とうとしたが逆に鄭に殺されたことがあった。父を殺した鄭が晋に伐たれたのを楚の令尹(大臣)子西が助けたのを恨みに思い、乱を起こして子西を殺し、楚の恵王(楚の宣王の五代前の王様)を脅迫するという内乱)が行われたのも無理はありませんね。家臣たちの罪は免れましょう。」
 王様は「どういうことだ。」とお尋ねになります。
 江乙はこう答えます。
「州侯は楚の大臣として大変な権勢を誇っています。そして国政を専断しています。しかし王様のおそばにいる家臣たちは、そんなことはございません、と申し上げているでしょう。それは他人の悪口を言わないためでしょう。」

 私はこれは『狐借虎威』の前段としてとても効いていると思っています。
 戦国時代という名のとおり、中国各地には様々な国があって、武力で他国を切り取り自国の利益につなげようとしていた時代ですから、隣国が強くなっていくことに対して恐れを抱いているのが常のことだったのでしょう。魏からの使いの江乙は、楚の国がこのまま国力を増していくことに危機を感じている国王に代わってやってきて、言葉巧みに王に自説を納得させようとします。
 そして登場するのが『狐借虎威』のお話です。

 宣王は家臣たちに次のような問いを発します。
「北方の国々では、我が国の宰相である昭奚恤を恐れていると聞くが、本当か。」
 楚の国の人々が他人の悪いことを言わないというのを常としていたからでしょうか、居並ぶ家臣たちは誰も答えません。
 そこで江乙が答えます。
「虎は、あらゆる動物を捕まえて食べてしまいます。あるとき、狐を捕まえました。捕まってしまった狐は、次のような話をして難を逃れようとします。『あなたは私を食べてはいけない。天帝が私を百獣の王にしたのだ。今あなたが私を食べてしまったら、天帝の命令に逆らうことになりますよ。信じられないとお思いなら、私があなたの前を歩いて行きますので、ついてきてください。どの獣も私を見て逃げ出すでしょう。』と。虎は、そうかもしれないと思って狐と行動をともにします。すると、どうでしょう。狐が虎を従えている(ただ虎が狐の後についていくだけなのですが)のを見て一斉に逃げ出します。虎は自分の姿を見て逃げ出しているのに気づかずに、狐を恐れているのだと思い込みます。今、王様が治めている国は五千里四方の面積を誇り、武装した兵士を百万人も擁しています。その国土や兵士を昭奚恤の管理するものとして任せていらっしゃいます。だから、昭奚恤を北方の国々が恐れているというのは、その実は王様の軍隊を恐れているのでありまして、それはちょうど、多くの獣が虎を恐れているのと同じようなものです。」

 こうして北方の国々から恐れられていた昭奚恤の権限は少しずつ弱まっていき、それに従って北方の国々が抱いていた脅威は薄らいでいきました。

【告知】今週も国語関連の文章を載せます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月16日(月)】
 夜間部の皆さん元気に過ごしていますか。

 今日もまたまた国語の授業です。
 
 『矛盾』は『韓非子』という書物にあるお話です。
 世界史や東洋史の中で諸子百家と呼ばれる人の中に韓非という人がいます。韓非はその中でも「法家(法律や刑罰を重んじ、信賞必罰を説く人々)」と呼ばれます。仁を掲げ、仁義を重んじていた儒家に対して批判的な考えを示しています。『矛盾』は儒家を批判した文章です。

 中国の戦国時代に楚という国があって、その国に盾(楯)と矛(刀)とを売って生計を立てている商人がいました。その商人は自分の扱っている盾をほめてこう言いました。
「私の盾は堅固で、どのような武器でも突き破ることはできないですよ。」
 そんなことを言いながら客の気を引いています。
 また、その商人は自分の扱っている矛をほめてこう言いました。
「私の矛はとても鋭利で、どのようなものでも突き破れないものはないですよ。」
 それらのことばを聞いていた人が変に思ってこう言いました。
「あなたの売っている矛であなたの売っている盾を突いたらどうなりますか。」
 そうしたら、その商人は自分の言っていることのつじつまが合わなくて、答えられなかったということでした。

 孔子は、儒者集団の中に生まれ儒者集団の中で育ち、極貧の生活をしていた15才のときに、学問の必要性を強く自覚してまじめにいっしょうけんめい努力して51才のときに魯の国の総理大臣になった人です。儒者から儒家へ自分たちを変革していった人です。その孔子には目標とする人が二人いました。一人は舜という方で徳の力をもって人々を感化しました。もう一人は堯という方で徳の力をもって天下を治めていました。
 韓非からすると、孔子が二人ともすばらしい方だと言っているので、どちらがよりすばらしい方なのですか、あなたの理想とする方はどちらなのですかと意地悪な問いかけをしたわけです。
 皆さんはどう答えますか?

【告知】今週も国語関連の文章を載せます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月13日(金)】
 夜間部の皆さん元気に過ごしていますか。

 今日も国語の授業です。
 
 『五十歩百歩』は『孟子』という書物にあるお話です。

 中国の戦国時代に魏という国があって、その国の王に恵王という方がいらっしゃいました。ある日孟子が恵王を訪ねて宮殿に参りました。恵王は国を強く富ませようと苦心していました。孟子が訪ねてきたことを幸いとして、孟子に富国強兵策をお尋ねになりました。
 「私は自国の富国強兵のためにずいぶん努力している。ところが何も努力をしていない隣国と国力の差がつかない。どうしてであろうか。」と。
 そのときに対えたのが『五十歩百歩』のお話です。

 孟子は孔子のお弟子さんの子思の弟子に当たります。
 私は若い頃には孟子をあまり評価していませんでした。
 それは、自分が孟子のように王様の前に出て行けるような人間でなかったからだと思います。王陽明のように強くありたいと思ったこともありますが、やはり貧しい境遇から魯の国の総理大臣にまでなった孔子が絶対的な存在であったのかもしれません。

 話を戻します。
 孟子は恵王にこうこたえます。
「王様は戦いがお好きだから戦いにたとえてお話しましょう。耳をつんざくような太鼓の音が鳴り響いて両軍の兵が武器を構えて戦いを始めようとします。しかし中には、甲を脱ぎ武器を捨てて逃げる者がいたりします。ある者は百歩逃げてから立ち止まります。ある者は五十歩逃げてから立ち止まります。そして五十歩逃げた者が百歩逃げた者を笑ったとしたら、いかがですか。」
 それに対して恵王はこう答えます。
「どちらもだめだ。五十歩逃げた者は百歩にならなかっただけだ。五十歩逃げたのも逃げたのに変わりない。」
 皆さんならどう思いますか。

【告知】来週も国語関連の文章を載せます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月12日(木)】
 夜間部の皆さん元気に過ごしていますか。

 今日は国語の授業?です。
 昨年の12月から1月にかけて夜間部1年生の国語総合のうちに2単位と夜間部4年生の国語表現3単位を担当していました。
 久しぶりに授業に参加できるうれしさで毎日うきうきしていました。

 国語総合の12月の授業は近代詩でした。1月末まで続けました。学年末考査を挟んで漢文になりました。
 1年生の皆さん、漢文のことを覚えていますか?

 「中国の古典である漢文」を「そのまま日本語で読む」というのが漢文です。
  大 器 晩 成。
    大器は晩成す。
    大きな器は、できあがるまでに時間がかかる。
    大人物は往々にして遅れて大成する。  
  良 薬 苦 口。
    良薬は口に苦し。
    よく効く薬は飲みにくい。
    ためになるような忠告は聞きづらいものである。
  歳 月 不 待 人。
    歳月は人を待たず。
    年月は人を待たずに過ぎていく。
 この三つについては、みんなですぐに覚えて暗唱できるようになっていると思います。
 それから、
  行 百 里 者 半 九 十。
    百里を行く者は九十を半ばとす。
    大事を遂げようとする者は終わりに近づいても注意を怠らない。
  百 聞 不 如 一 見。
    百聞は一見に如かず。
    百回聞くのは一回見るのに及ばない。
    何度も人から聞くより、実際に一度見た方がよくわかる。
  必 有 得 天 時 者。
    必ず天の時を得る者(こと)有らん。
    きっと幸運にめぐりあうことができるはずだ。
も勉強しました。
 上手に読めなくても構いません。『五十歩百歩』や『矛盾』、『狐借虎威』を読んで人生の歩み方を考えてみてください。

【告知】明日も国語関連の文章を載せます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年3月11日(水)】
 夜間部の皆さん元気に過ごしていますか。
 忙しさにかまけて皆さんに情報発信するのを怠っていました。申し訳ありません。未だに新システムの写真加工技術がないので、文字だけになりますがご容赦ください。

 まず新型コロナウィルスに関して、現在のところ特別な連絡がないので、3月初めの対応のままで変化はありません。
 3月18日(水)に履修登録が予定されているので、お金を含めて準備しておいてください。

 今、気になっているのは皆さんの勉強のことです。
 私は国語の教師ですから、国語についての質問はいつでも受け付けています。こんなことを尋ねたら恥ずかしいとか思わないで、連絡をください。理解できるまで説明をしますし、その際に浮かんできた疑問にも答えようと思っています。
 4月から皆さんは学年が一つ上がって、後輩が新たに入学してきます。進路を決定しなければならないときが来た人もいますね。悩むことも多いと思うし、家族に遠慮して話を切り出せない人もいるのではありませんか?
 何でも相談に乗るから連絡をください。

【告知】明日は、国語関連の文章を載せます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和2年2月21日(金)】
 年末からパソコンの設定が少し変わって機械に弱い私は,夜間部ブログの更新をお休みしていました。今も写真の処理がうまくできないので,今日は文字だけです。

《報告1》夜間部4年生と夜間部3年生1名が卒業を控えて自由登校になりました。
 平成28年の4月に入学し懸命に勉強をして家族を支え様々な経験をし単位を修得して3月1日に卒業していきます。平成29年に入学した3年生の1名も同様の努力をして卒業していきます。一緒に体育の授業でバスケットボールをしたり、夜間照明のグラウンドを走ったことが昨日のことのように思い出されます。辛い思いをしただけ強くなれるし、悲しい思いをしただけ優しくなれると私は思っています。彼らたち彼女らたちに幸多かれと祈ります。

《報告2》卒業式の準備、令和2年度入学試験の準備が進んでいます。
 先にも書きましたが、夜間部5名を含む卒業生を送る「第72回卒業証書授与式」が令和2年3月1日(日)に本校の講堂兼体育館で挙行されます。また、令和2年3月4日(水)から入学試験(学力検査と作文、面接試験)が始まります。
 卒業式については、大切な節目の儀式ですから、厳粛に挙行されることを望みます。また、入学試験に関する3月3日(火)の会場準備後から4日(水)の学力検査と作文試験、5日(木)の面接試験、6日(金)並びに12日(木)の学力検査に関する事務期間は、県立高等学校内に立ち寄ることはしないでください。結城二高だけではなく他の県立高校も同様です。

《報告3》荷物の持ち帰りをお願いします。
 学力検査実施に伴い、教室やロッカー等にある私物を持ち帰ってください。安心な環境での学力検査実施のために隅々まで点検します。私物があると管理しきれないので持ち帰ってください。

《報告4》次回の更新までに写真の処理について勉強します。
 がんばります。しばらくお待ちください。

 

夜間部のページ

夜間部

「夜間部のページへようこそいらっしゃいました」
 誰でもひとつは持っている
 自分も気づかぬ才能を
 オンリー・ワン オンリー・ワン
 掘り起こし磨きをかけよう 時は今
 それぞれに ちがう未来を
 この手で掴もう はげまし合おう
 夕空に灯をともす
 昴を仰ぎ わたしたちは夢を語る
 結城フレックススクール


 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年12月13日(金)】
 冬季休業まで1週間となりました。計画は少しずつできてきましたか?
 私はいろいろなことで忙殺されています。大掃除をどうしようか、餅つきはどうしようか、クリスマスについては我が家は天台宗なので(?)まあいいか、と思っています。忙しい1日1日を1年間大切に積み上げて、今年も暮れていきます。やり残しのないように、人からいただいたご恩に向かい合って、やれることはやって今年を終えたいと思います。
 先日の1年次生の国語の時間に、高村光太郎の「道程」と孔子の「吾十有五而志于学」を並べて考えました。少し見えてきました。15歳とは再出発の時期でした。だから結城二高の国語の教科書には「檸檬哀歌」ではなく「道程」がとられているのですね。

《12月10日(火)の給食》

 本日のメニューは、豚肉のスタミナ炒め、揚げ餃子、かに玉1/4、切り干し大根の中華サラダ、ミニゼリー、ご飯、みそ汁、つぼ漬け、牛乳でした。職員室の私の机の上で撮ったので、飛行機の写真が輝いています!!

《12月11日(水)の給食》

 本日のメニューは、ハンバーグデミソース、春雨とコーンの炒め、竹輪と野菜の煮物、温野菜サラダ、型抜きチーズ、ご飯、みそ汁、つぼ漬け、牛乳でした。

《12月12日(木)の給食》

 本日のメニューは、鶏肉の醤油糀焼き、絹さやと炒り玉子のソテー、かぼちゃのふわふわ豆腐煮、根菜マリネ、ふりかけ、ご飯、すまし汁、さくら漬け、牛乳でした。

《12月13日(金)の給食》

 本日のメニューは、チキンカレー、野菜サラダ、いちごクレープ、牛乳でした。

 1週間お世話になりました。メニューを考えてくださった方、調理を担当してくださった方、学校まで届けてくださった方、ごちそうさま、美味しかったです。

《令和2年のことを話そう》
 前号で1月8日までの行事予定を示して、計画を立てるようにしようと書きました。それを踏まえて、令和2年について考え始めてもよいように思います。
 今の自分がHappyかどうか確認してみてください。Happyな理由も考えましょう。現実を見据えて、それでもなお心満ち足りた毎日が暮らせれば、それ以上の幸せはないように思います。
 計画を立てて(Plan)実行し(Do)振り返って(Chech)改善(Act)して行動を起こす(Action)。向上心というものを身に付けた人の生き方です。大変かもしれませんが、今を乗り切るには他に方法がないように思います。
 12月15日(日)~17日(火)2年次修学旅行
    16日(月)卒業年次社会人準備講座「働くときの基礎知識」
    17日(火)1年次進路見学会
          卒業年次社会人準備講座「着こなしマナー講座」⑤⑥
    18日(水)修学旅行代休
    20日(金)冬季休業前集会/生徒会役員任命式
    23日(月)冬季休業(~1月7日(火))
 1月  8日(水)冬季休業後集会/1・2年次基礎力診断テスト

▲ある日の鹿島の海

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年12月9日(月)】
 先週末から今週前半は気温が低いようです。私の住んでいる筑西市の南東部では、土曜日日曜日の早朝は0度くらいでした。体が寒さに慣れるまで気をつけてください。

《12月9日(月)の給食》

 本日のメニューは、さんまのみぞれ煮、ベーコン入り野菜炒め、鶏肉と白滝の煮付け、玉子サラダ、ポーク焼売、ご飯、みそ汁、つぼ漬け、牛乳でした。寒いときには温かいものが恋しいですね。

《12月9日から1月8日までの予定》
 残り2週間で冬季休業(冬休み)になります。前号でやり残したことをやってみようと書きました。計画を立てようとも書きました。そこで予定の確認をしてもらおうと思いました。
 12月9日(月)生徒会役員選挙⑪
    15日(日)~17日(火)2年次修学旅行
    16日(月)卒業年次社会人準備講座「働くときの基礎知識」
    17日(火)1年次進路見学会
          卒業年次社会人準備講座「着こなしマナー講座」⑤⑥
    18日(水)修学旅行代休
    20日(金)冬季休業前集会/生徒会役員任命式
    23日(月)冬季休業(~1月7日(火))
 1月  8日(水)冬季休業後集会/1・2年次基礎力診断テスト
 18日間の冬休みです。クリスマスや年末年始の行事もあるかもしれません。仕事も従前のように28日が御用納めというわけにもいかないでしょうし、アルバイトについては年末年始も関係ないかもしれません。私も学生の頃は少しばかり苦労していたので、皆さんの気持ちが少しだけ分かるような気もします。
 「壺中に天あり」と申します。閉塞感ばかりにさいなまれず、新たな年を迎えてください。そのためにもこの冬休みの過ごし方は大切になると思います。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年12月6日(金)】
 12月になり6日が過ぎました。
 寒さもいっしょにやって来ました。今日は最低気温が5度、日中には日差しがあって温かく感じましたが、生徒諸君が下校した午後9時くらいには冷蔵庫並みに下がっていたようです。
 明日はもっと冷え込むようなので、仕事やアルバイトがある皆さんは気をつけて出勤してください。

《11月27日(水)の給食》

 27日のメニューは、揚げ魚の野菜あんかけ、もやしソテー、高野豆腐卵とじ、白菜のフレンチ和え、ミニゼリー、ご飯、吉野汁、つぼ漬け、牛乳でした。

《11月28日(木)の給食》

 28日のメニューは、豚肉のもろみ醤油、山菜スパゲティ、里芋の含め煮、青梗菜のドレッシング和え、笹かま、ご飯、みそ汁、つぼ漬け、牛乳でした。

《11月29日(金)の給食》

 29日のメニューは、牛丼、姫筍と野沢菜のお浸し、プチいちごシュー、すまし汁、牛乳でした。

《12月3日(火)の給食》

 3日のメニューは、チキンピカタ、いんげんソテー、はすのきんぴら風、わかめサラダ、北海柱フライ、ご飯、トマトスープ、さくらづけ、牛乳でした。

《12月4日(水)の給食》

 4日のメニューは、ハムエッグフライ、スパゲティソテー、ロールキャベツ、白菜のごま和え、りんご、ご飯、みそ汁、さくら漬け、牛乳でした。

《12月5日(木)の給食》

 5日のメニューは、さばの生姜煮、にらとひき肉のソテー、ひじきの煮付け、ハムとメンマの和え物、厚焼き玉子、ご飯、豚汁、さくら漬け、牛乳でした。

《12月6日(金)の給食》

 6日のメニューは、八宝菜、ミニ三角春巻き、玉子しんじょう、ごぼうサラダ、紅てまり串、ご飯、もやしスープ、しば漬け、牛乳でした。

《フレックス教育セミナー》
 12月4日(水)の第9校時、第10校時の時間で、夜間部生徒対象のフレックス教育セミナーが開催されました。講師は、早稲田大学 教育・総合科学学術院 教職大学院 教授 アジア地区 キャリア発達学会 副会長 日本キャリア教育学会理事の三村隆男先生でした。三村先生は、夜間部1年生の心理学を担当している渡邉邦久先生が大学院で教育学を学んでいた頃の恩師で、生徒一人一人の人生設計に関わる基本であるキャリア発達をご専門に研究していらっしゃいます。大学の先生におなりになる前は、埼玉県の高等学校で教鞭を執られていたそうです。

▲第1部を終えて記念撮影する三村先生(左)森校長先生(右)渡邉邦久先生(前)





▲講演の風景

▲興味の六角形(心の磁石)
 先生のご講演は、教員向けの「キャリア教育の指導・支援」を第1部としました。第2部として夜間部生徒の皆さんを対象とした「オンリーワンをめざし自分の進路をふみださそう!」という演題での、熱くて楽しいお話でした。
 その中で印象に残ったのは、心理学の問題を使って自分が知らない自分を探すヒントをいただいたこと、自分という存在は、社会の中(人々と暮らす世界の中)で「ある役割」を果たしていって認められること、チャンスは準備している人のもとに訪れること等々。今まで知らなかった自分を知って、自分を認めてくれる人々の間で、求められている役割を果たすことでチャンス(幸運)をつかめるのだとも思いました。
 ①自分も気づかぬ自分(の才能)に気づけるようにさまざまな体験をしたいものです。 
 ②さまざまな体験をして自分というものを見つめ直したいものです。
 ③自分が人から認められるような、役割を果たせるような自分になりたいものです。
 一生懸命聴いていて途中から疲れてしまった人もいましたが、一生懸命聴いている姿に三村先生も本校の先生方も感心しておいででした。
 写真の最後の六角形は「興味の六角形」(心の磁石)というもので、現実的な傾向(Realistic)、研究的な傾向(Investigative)、芸術的な傾向(Artistic)、社会的な傾向(Social)、企業的な傾向(Enterprising)、慣習的な傾向(Conventinal)を見つけるものです。夜間部の皆さんは、いくつかの心理テストで自分の傾向を何となく理解したかもしれません。進路を選ぶとき、自分の可能性を広げるときに、自分の傾向を理解して自分で決めて進んでいくとさまざまな経験が出来ると思います。絞り込むのではなくて広げるものだと三村先生は仰っていました。
 因みに、三村先生は、心理テストで使う言葉の中に「すずかけ祭(結城二高の文化祭の名称)」や「ONLY ONE(校歌やモットーとして使われています)」を使ってくださいました。随分前からご準備をなさっていらして、皆さんにとってなじみやすい題材を使って皆さんの将来に役立つことをお話ししようという優しいお気持ちの表れだと嬉しく思っていました。

《おまけ》
 師走に入りました。1年生には進路見学会があったり、2年生には修学旅行があったり、3・4年生には社会人になるための講座があったりします。
 これまでを振り返ると、忙しかったという人が大勢いるのではないでしょうか。
 できれば時間を少しつくって、今年はどのような年だったか思い返してみてください。やろうと思っていたことで、思いどおりにいったこともあったでしょうし、うまくいかなくて寂しかったり、悔しかったりしたかもしれません。
 休業前集会まで残り2週間です。やり残したことを少し実行したり、来年の予定を立てるのもいいと思います。元気で週末を過ごしてください。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年11月25日(月)】
 今日から後期中間考査が始まりました。日ごろの努力の成果を発揮する時が来ると同時に、先生方にとっては自分の授業について振り返る時になります。
 生徒諸君は今日が初日ですから、明日、明後日の試験科目については、まだまだ準備できます。改めて勉強してみると、今ひとつ分からなかったところが出てくると思います。時間をつくって担当の先生に質問に行ってください。

《11月22日(金)の給食》

 22日のメニューは、ハヤシライス、野菜サラダ、国産りんごのタルト(どうして「国産」とことわっているのか不思議ですが)、牛乳でした。ご飯は大盛りでしたが、あっという間に平らげている自分が恐いですね。

《11月25日(月)の給食》

 本日のメニューは、豆腐ハンバーグ、ほうれん草のソテー、ひじきの煮付け、さつま芋サラダ、鶏肉の八幡焼き、さくら漬、みそ汁、牛乳でした。

《花のある風景》
 今週の中間考査が終わると、冬休みまで一月を切ります。
 今年はどのような年でしたか。思いどおりにいったこともあったでしょうし、うまくいかなくて寂しかったり、悔しかったりする思いが残ったりもしているでしょう。
 20日あまりの時間でやり残したことを少しでも実行できればよいのかなとも思います。来年の予定を考えて計画を立てるのもいいでしょう。

 写真は、8月下旬に筑西市宮山公園近くで開催されたひまわりフェスティバルを訪れた時の1枚です。あんなに輝いていた日々が4カ月の間にずいぶん変わるものですね。皆さんにはそんな経験はありませんか。

▲夏の思い出です。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年11月21日(木)】
 1週間ぶりのブログです。
 8日の立冬の頃にはまだまだ冬は先のことかなあと思っていましたが、この1週間で季節が進みました。明日は二十四節季の一つ「小雪」です。
特に夜間部では午後9時くらいに昇降口を出ます。昼間の15度前後の気温から冷蔵庫の温度プラスアルファの温度に下がっています。体調管理に気を配り、25日(月)から始まる後期中間考査に備えてください。

《11月18日(月)の給食》

 18日のメニューは、二層メンチカツ、焼きそば、五目煮豆、棒々鶏サラダ、オレンジ、すまし汁、牛乳でした。

《11月19日(火)の給食》
 11月19日は出張のため給食は食べませんでした。したがって写真もありません。

《11月20日(水)の給食》

 20日のメニューは、豚肉の甘辛焼き、青梗菜ソテー、じゃが芋の旨煮、カリフラワーサラダ、タマゴロール、さくら漬け、みそ汁、牛乳でした。

《11月21日(木)の給食》

 本日のメニューは、鶏肉の照り焼き、なると入りソテー、がんもの煮付け、かぼちゃサラダ、畑のお肉、さくら漬、みそ汁、牛乳でした。

《夜間部の下校風景》


▲寒空の下、夜間部の皆さんが下校していきます。みんな頑張っています。

《花のある風景》

▲筑西市内の道路沿いのコスモスが満開です。この花を育てている方の気持ちが伝わってくるような気がします。
 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年11月14日(木)】
 しばらくぶりのブログです。少し時間ができたので更新します。
 天気図を見て、温暖前線と寒冷前線の意味が分かる一日になりました。気温の急上昇、急降下に気をつけてください。
 特に夜間部の皆さんは、気温が上がりきった頃に登校の準備をして、下がり始めてから登校します。下校するときには寒空の下自転車を漕いだり、足早に夜道を歩くことになります。下校の際の寒さを考えて、防寒のための外套を持って登校するようにしてください。
 後期の中間考査も11日後の今月末25日(月)から始まります。体調管理に励みましょう。

《11月12日(火)の給食》

 12日のメニューは、チキンのオーブン焼き、いんげんのソテー、白滝の煮付け、花野菜サラダ、磯わかめ、さくら漬、トマトスープ、牛乳でした。

《11月13日(水)の給食》
 11月13日は茨城県民の日でお休みでした。

《11月14日(木)の給食》

本日のメニューは、肉野菜炒め、揚げ餃子、切り干し大根の煮付け、里芋サラダ、珈琲煮豆、しば漬、ほうれん草のみそ汁、牛乳でした。

《夜間部奉仕作業》
 11月11日(月)は全校で奉仕作業がありました。午前部・午後部は学校外を、夜間部は校舎内の清掃を行いました。生徒数は一番少ないのですが、みんないっしょうけんめい取り組みました。8時30分を過ぎるグループもあって、とても綺麗になりました。気持ちがよいです。







▲恥ずかしがり屋さんが大勢いて、なかなか写ってくれませんでしたが、掃除分担が終わった二人はポーズをとってくれました。

《花のある風景》

▲庭に咲いた小さな黄色い菊の花に、小さな蟻が上っていって、蜜か何かを得ようとしています。

 自然災害に遭われた方々のところへボランティアに出向いている先生が、本校にもいらっしゃいます。ちょっとずつの善意が、人を繋げ、人を助けていくものですね。


 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月24日(木)】
 昨日は快晴でしたが、今日は少しずつ天気が崩れてきて、この記事を書いている午後8時過ぎでは曇り空です。少しずつ秋らしくなってきました。二十四節季の上では「霜降」です。朝夕の寒さに気をつけて、秋を楽しみたいものです。
 本日茨城県立水戸飯富特別支援学校の先生方が結城二高の授業を見に来てくださいました。本校の先生方の工夫と生徒諸君の真剣さ・真面目さを目の当たりにして感心なさっていた様子で、お褒めの言葉を頂戴しました。水戸飯富特別支援学校の周囲は、台風19号の影響で那珂川が氾濫した地域に当たります。学校が避難場所になったり、周囲の道路が通れなくなったりしてご苦労なさっているようです。
 今夜から天気が崩れる予報が出ています。被災した地域の方々には、少しの雨でもご心配なことだと存じます。1日も早い復旧を願っています。

《24日の給食》

 今日のメニューは、鶏肉の照り焼き、小松菜のソテー、切り昆布の煮付け、ハムのマリネ、タマゴロール、しば漬け、すまし汁、牛乳でした。私は体育で走ることを考えて給食はお預けでした。

《体育の授業に参加しました》
 10月23日と10月24日の夜間部の体育の授業に参加しました。24日については、写真はありませんが、みんな元気に走ったり、跳んだりしていました。








▲昨日の長距離走のスタート前とゴール後の様子です。私も9時間目と10時間目合わせて8000m走りました。

《皆さんに見せたい風景》

▲宮城県東松島市で8月に行われた航空祭の前日に、市街地上空でハート型の飛行機雲をつくろうとしているブルーインパルス

 東松島市に毎月のように出向いています。そこで感じることは、住民の皆さんが前を向いて生きているということです。
 阿武隈川が平野部に出てくるところにある丸森町は、東松島から車で約1時間(高速利用)南に走ったところにあります。被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月23日(水)】
 昨日は、即位礼正殿の儀の祝日で学校はお休みになりました。友引の日でしたので、吉の時間帯である午後1時から儀式が行われ、雨模様の東京もその時間帯には晴れ間がのぞいて、虹まで出ました。
 茨城県を含め、台風19号で被災した地域の方々には、少しの雨でもご心配のことと存じます。19日の茨城県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会、20日の茨城県高等学校定時制通信制秋季体育大会に本校生徒が出場して頑張ってきましたが、県内各地の台風の被災地では、少しずつ復旧作業が進められていました。早い復旧を願っています。

《21日の給食》

 今日のメニューは、エビフライ、唐揚げ、ベーコン入り野菜炒め、切り干し大根の煮付け、レンコンサラダ、オレンジ、つぼ漬け、みそ汁、牛乳でした。防災訓練の後だったので、少しほっとしながら食べました。

《23日の給食》

 今日のメニューは、豚肉のみそスタミナ炒め、レンコン肉詰めフライ、筍のピリ辛煮、春雨サラダ、磯わかめ、しば漬け、すまし汁、牛乳でした。夕方の気温が下がった時刻には、すまし汁は心まで温まりました。

《10月21日防災訓練》
 大きな地震があって、その直後、会議室で火災が発生したという想定で、グラウンドに避難するという訓練でした。早いクラスは2分10秒、遅いクラスでも3分44秒で校舎3階や4階からグラウンドに避難できました。

▲担任の先生と一緒に避難する生徒諸君 ▲グラウンドに整列する生徒諸君

▲結城消防署員から訓練用消化器の説明を受ける生徒諸君と水消化器用の器具

▲消火訓練をする根芝先生、冨山先生、高畑先生

▲消火訓練をする渡辺君、中澤君、北島さん


▲体育館に移動して、防災講話を結城消防署の佐藤消防指令よりいただきました。

 佐藤指令からは、「生徒の皆さんが素早く行動できています。また、話をよく聞いてくれました。」とお褒めの言葉がありました。茨城県では、台風19号により大きな被害を受けた地域があります。栃木県や群馬県でも被災して生活が再建できていない方がいらっしゃいます。訓練を行うことで、いざというときに自分ばかりでなく、周りの人も安全に避難できるよう心がけましょう。

《皆さんに見せたい風景》

▲東北道安達太良サービスエリアから12月の安達太良山を望む
 智恵子さんが本当の空があると言っていた安達太良山を望む風景です。


 福島県の中通りを南から北へ流れる阿武隈川流域では大変な被害が出ています。茨城県内外の被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月18日(金)】
 昨日、記事を書いていたところ、私のパソコンに不具合が出て作業を中断して帰宅しました。そのような事情で、本日は昨日の書きかけにプラスする形で書きます。

【10月17日分】今朝も寒かったですね。体調を崩してはいませんか。皆さんの顔が見られるか心配していたのですが、幾人かの風邪引きさんを除いて、皆さん元気に登校しているようです。うがいと手洗いに気を配りましょう。
 明日の夕方から天気が崩れるようです。台風19号で影響があった地域はもちろんですが、それ以外の地域でも注意が必要です。気象や交通の情報に注意して、事故に遭わないようにしましょう。

《17日の給食》

 今日のメニューは、コロッケ、カリフラワーのカレー炒め、さつま揚げとキャベツの煮物、ささみときゅうりの棒鶏風、ポーク焼売、しば漬け、コンソメスープ、牛乳でした。久しぶりにのんびり食べました。
《18日の給食》

 今日のメニューは、豚肉の生姜炒め、ミニ三角春巻き、金平ごぼう、ポテトサラダ、ミニゼリー、さくら漬け、みそ汁、牛乳でした。

《夜間部の授業風景》
○17日第9校時
1年5組「科学と人間生活」(身近な自然景観と自然災害)

▲兼井先生が用意してくださったハザードマップや説明書を本にして、防災について意見を話し合う生徒諸君

▲結城市ハザードマップと説明書

○17日第10校時
3年3組「体育」(長距離走)


▲中島先生のご指導の下、高い目標を目指して走っています。私も生徒に勇気づけられて19周走りました。

○17日第11校時
2年5組・4年3組「体育」(長距離走)

▲長沢先生からスタート前の注意をいただく。



▲制限時間ぎりぎりの生徒を励ましてみんな一緒にゴールしました。私も励まされて18周走りました。

○18日第9校時
2年5組・4年3組「現代社会」(個人の尊重と法の支配)



▲相互授業参観期間の最後の参観授業になりました。大勢の先生方が詰めかけて担当の根芝先生はいつになく緊張していましたが、生徒諸君が協力して授業を盛り上げていました。

《ボランティア活動報告》


4年3組担任の人見幸雄先生が、10月18日(金)休暇を取って、水戸市の被災地域でボランティア活動をしました。写真は本日の作業終了後に送られてきた写真です。人見先生、ご苦労様でした。

《皆さんに見せたい風景》

▲小瀬高校への道(出張の度に通った道すがら茂木の近くの水田に杜若が花を咲かせていたことがあります。)

 小瀬高校がある常陸大宮市や大子清流高校がある大子町も台風19号の被害に遭いました。被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月16日(水)】
 今朝は気温が下がりました。東北地方では10度にならない地域がありました。北海道では5度以下になったところもありました。私の住んでいる筑西市の南東部でも、12度まで下がりました。皆さん、風邪を引かないよう注意してください。
 台風19号の影響が続いています。県内では水郡線が不通になっていて、バスの代替輸送が始まりました。県外の路線でも不通が続いているところがあります。気象や交通の情報に注意して、事故に遭わないようにしましょう。

《今日の給食》

 今日のメニューは、鶏肉のもろみ焼き、スパゲティソテー、なす甘辛煮、三色和え、紅手まり串、胡瓜漬け、すまし汁、牛乳でした。以前の牛乳のパッケージには、国体の後に開催されるはずだった「ゆめ大会」の日程も印刷されていたのですが、台風の影響で大会が中止になったそうです。

《夜間部の授業風景》
 10月7日以来、2回目の授業参観をしました。ご覧ください。
2年5組「世界史」

▲菱沼先生のお話に耳を傾ける生徒(左右)

▲教科書とプリント

1年5組「コミュニケーション英語」

▲グループ活動(左右)

▲リスニングの結果を日本語で説明している様子(左)と英語のプリント

▲1年5組の素敵な掲示物
 素晴らしいことが書いてありますね。

4年次「地学基礎」(を参観する予定でしたが、遅くなり、授業が終わった後の休み時間に行きました)

▲4年次の諸君(左)と特別棟から見た夜間部の教室(右)※上の階

《皆さんに見せたい風景》

▲湯ノ湖から金精峠方面を望む

 台風19号によって被災された方々に、心よりお悔やみお見舞い申し上げます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月15日(火)】
 先週の半ばから台風のことが気になっていました。12日の未明からひどい嵐になりました。報道されている状況を目にして、心が痛みます。
 お隣の鬼怒商業高校も被災しました。教頭先生がNHKのニュースに出ました。正直、お気の毒です。
 13日の午前8時過ぎに、管理職や事務室や体育の先生方と学校の点検をしました。幸い本校は無事でした。被災を免れました。生徒諸君も教職員の皆さんも大事には至らなかったようです。大きな川の近くにお住まいの方は避難して13日の朝方に自宅に戻られたと直にお聞きしました。
 その日の午前中に水戸に住んでいる先輩から、那珂川の堤防が決壊するかもしれないから本日の稽古は休みにすると連絡をいただきました。自宅の周辺の様子を確かめてから、心配になって那珂川に沿って水戸に向かいました。
 益子から北上して国道123号線に入り、水戸を目指しました。道路に流れ出ている土砂を片付ける常陸大宮市の方々の姿が目に焼き付きました。
 途中、道の駅桂のところから道路が封鎖され、迂回を余儀なくされました。那珂川に近い方に道を曲がりましたが、水は水田や家屋を浸していて、その土地にお住まいの方の苦労を身に染みて感じました。その先の道は封鎖されていました。
 薄暗くなる頃、水戸の飯富にたどり着きました。辺り一面、湖のようでした。さらに進んで水府橋を渡り、青柳町の方に出たところ、自家用車を堤防近くの高いところに移動させている人々に出会いました。
 本校の生徒は非常に広い範囲から登校しています。先生方も広範囲から通勤しています。まだ台風通過後の変化は続きます。気象や交通の情報に耳を傾け、事故に遭わないようにお互い注意しましょう。

《今日の給食》

 今日のメニューは、さんまの生姜焼き、揚げ出し豆腐、厚焼き玉子、ビーフンそぼろ炒め、ミックスベジサラダ、しば漬け、みそ汁、牛乳でした。
 国体は、茨城が45年ぶりに天皇杯皇后杯を獲得して終了しました。終了したので牛乳のパッケージが元に戻りました。

《皆さんに見せたい風景》

▲ある日の太平洋

 台風19号によって、中部地方から関東、東北にかけての地域が被災しました。被災者の救助と被害状況の正確な把握が第一義です。心よりお悔やみお見舞い申し上げます。

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月9日(水)】
 今日の私の関心事は、週末に日本列島に近づく台風19号です。
 ハギビスという名前で、本日15時45分に気象庁が発表した情報によると、大きさ:大型、強さ:猛烈な、存在地域:小笠原近海、中心位置:北緯20度35分・東経140度00分、進行方向・速さ:北北西15km/h、中心気圧:915hPa、中心付近の最大風速:55m/s、最大瞬間風速:75m/s、25m以上の暴風域:全域240km、15m/s以上の強風域:全域650kmだそうです。
 週末の公式行事やイベントの中止や延期の連絡が届きました。部活動等については顧問の先生と相談して無理をしないようにしましょう。仕事やアルバイトについても無理をしないでください。台風情報に注意してください。
《今日の給食》

 今日のメニューは、鮭のムニエル、生揚げとしめじのバター炒め、大根のそぼろあんかけ、野菜のポン酢和え、畑のお肉、すまし汁、サクラ大根、牛乳でした。大根のそぼろあんかけは私の好物です。
《キャンパスエイド紹介》
 後期のキャンパスエイドの勤務が始まりました。夜間部の皆さんが利用できる時間帯(水曜日の14:30~17:40)に来てくださる中江梨佳子さんを紹介します。授業の始まる前にキャンパスエイド室に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

▲自己紹介するキャンパスエイドと担当の渡邉邦久先生

▲真剣にお話を聞く生徒諸君

▲質問を促す根芝先生           ▲質問に真剣に答えるキャンパスエイド
《笑顔ください》
 今日は、キャンパスエイド紹介の時間と下校の時に笑顔をもらいました。




 下校時の忙しいときに足を止めてくれた皆さん、恥ずかしそうに後ろ姿だけOKしてくれた皆さん、ありがとうございました。この写真を見た中学校の先生やお友だちは、きっと元気になることと思います。
《皆さんに見せたい風景》

▲日本海に沈む夕日

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月8日(火)】
 今日は昨日よりも朝の気温が低かったですね。寝相が悪い私は、布団がどこかに行ってしまうことがよくあって、今朝も寒いなあと思って起き出してしまいました。それでも空気が清々しいとよい気分です。
 夜間部の授業を参観しようと考えていたのですが、忙しさにかまけて今日は下校の見送りだけでした。昨日休んだ人とも挨拶ができて、それはそれで嬉しい感じがしました。

《今日の給食》

 今日のメニューは、豆腐ハンバーグ、ほうれん草ソテー、ひじきの煮付け(大豆もたくさん入っていてタンパク質も摂れます)、薩摩芋のサラダ、鶏肉の八幡巻き、サクラ大根、すまし汁、牛乳でした。豆腐ハンバーグは好評でした。サクラ大根もさっぱりしていていい感じでした。

《笑顔ください》
 冒頭にも書きましたが、今日は、夜間部の皆さんの笑顔を見に行けませんでした。明日頑張って撮りに行きます。よろしくお願いします。


▲ある日の母子島遊水池に映る筑波山(昨日も掲載しました)

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月7日(月)】
 今朝は涼しい空気に変わっていて、窓を開けて深呼吸をしたら清々しい感じがしました。週末を忙しく過ごした人も、少し休めた人も1週間の始まりです。少しだけ頑張ってみましょう。

《今日の給食》

 今日のメニューは、チキンピカタ、いんげんソテー、はすのきんぴら風、わかめサラダ、笹かま、牛乳です。トマトスープが具だくさんで温まりました。(スープが美味しくて写真を撮るのを忘れました)


 かなくぼ体育館で行われていた国体バレーボール競技少年女子は準々決勝で茨城を敗った東京が優勝、茨城の女子は5位・7位決定戦で京都に惜敗し7位でした。
 いきいき茨城ゆめ国体のバレーボール少年女子の補助員をしていた本校生徒については、「教頭の気まぐれ日記」に記事があります。ご覧ください。

《笑顔ください》
 今日から授業参観期間が始まりました。10時間目の3クラスの授業を参観して写真を撮らせてもらいました。こちらを向いてくれた写真も少しだけあります。

▲夜間部2年次の数学

▲不等式の記号を身振りで説明している人見先生


▲夜間部3年次の政治経済の授業で規制について講義している根芝先生


▲夜間部4年次の英語会話でネイティブスピーカーの発音を聞かせている渡邉邦久先生


▲夜間部3年次4年次のLHRで進路について話しました

《こういう考え方はいかがですか ~ LHRで話したこと ~ 》
 3年次生や4年次生には進路が決まった人もこれから進路を決めていく人もいます。
 普通に考えていけば、所謂学力が高いと言われている生徒が試験にパスして、学力の足らない生徒が不合格になります。積み重ねの理論です。しかし、積み重ねに失敗した者はどうしたらよいのでしょうか。私はいつもそこが気になっています。
 そこで私はこう考えます。ゴールを決めてそのために必要なことだけをやっていけばよいと。今まで言われてきた過去の「積み重ね」ではなく、これからの努力を、ゴールに向かった計画の実行です。過去の評価を基にして考えていくのではなく、これから目指すところに向かってひたすら努力するということです。
 そんなことをしても無駄だという人がいるかもしれませんが、自分の人生ですから気にすることはありません。私なんかは無駄だと言われれば言われるだけ工夫して努力してなんとか結果を掴んでやろうと考えてしまいます。
 過去の評価を気にしないでひたすら自分で決めたゴールを目指す、そんなことを意識してもらいました。
 それから、30歳になった頃の自分を想像してもらいました。
 少し難しかったかもしれません。それでもみんな真剣に聴いてくれました。


▲ある日の母子島遊水池に映る筑波山
 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月5日(土)】
 昨日は出張があって、帰校したのが夕方でした。事務処理が何件かあり、ブログを書けなかったので今朝書いています。
 夜間部の皆さん1週間お疲れ様でした。新学期が始まって1週間が過ぎました。なかなか笑顔の写真が撮れなかったけれど、今週末は仕事やアルバイトの合間をうまく使って体と心を休めて月曜日から元気に登校してください。
 10月7日月曜日から校内の先生方相互の授業参観期間になるので、皆さんの後ろ姿(前からだと恥ずかしいからね)を撮らせてもらいます。ご家族や中学校の恩師の先生方にせめて後ろ姿でもご覧に入れて、皆さんの頑張っている様子をお伝えしたいと思っています。前からでも大丈夫という人は教えてください。お願いします。

▲この花の名前は?        ▲この花の名前は?

《今日の給食》
 今日のメニューは、ハヤシライス、野菜サラダ、メープルマフィン、牛乳でした。牛乳のパッケージは私のお気に入りの「いばラッキー」(のはず)です。出張で給食を食べていないので画像はありません。次の画像は過去のものです。


▲週末メニュー例(1)             ▲週末メニュー例(2)

▲個人的な希望メニュー(実現しないと思います)

《笑顔ください》
 冒頭でも書きましたが、月曜日からの授業で写真を撮らせてください。

▲季節外れの桜(いずれも平成30年10月 筑西市内で撮影)

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月3日(木)】
 今日、多目的ホールで検食をしていると、栄養職員の塚田先生が、近頃顔を見せていない生徒の心配をして話しかけてくれました。
 その生徒については、私もよく知っているので、どれくらい頑張っているか、どれくらい忙しいか、多目的ホールには顔を出せないでいても、アルバイトも授業も頑張っていることを伝えました。
 私がその生徒の立場だったら、頑張れないかもしれないなあと思って、頭が下がる思いを改めて感じました。
 気にかけてくださる先生がいて、頑張っている生徒がいて、それだけで私は温かい気持ちになります。どうぞあなたらしく成長していってください。

《今日の給食》

 今日のメニューは、豚肉のもろみ醤油、蒸し焼売、さつま揚げとキャベツの煮物、大根ごまドレサラダ、ピリ辛メンマ、みそ汁、つぼ漬でした。牛乳のパッケージは私のお気に入りの「いばラッキー」です。


▲牛乳の国体パッケージ
 ゆめ国体やゆめ大会が終わると元のパッケージに戻るそうです。残念!!

《笑顔ください》
 夏休み前に何度か掲載しました「笑顔ください」ですが、恥ずかしがり屋の夜間部生徒諸君は、レンズを向けると顔を隠してしまいます。それで生徒諸君の写真はありません。

▲清河神社の境内に咲いていたキバナコスモス

 

夜間部教頭つれづれの言葉

【令和元年10月2日(水)】
 今日も朝夕は秋の気温になりました。でも日中は夏の日差しが降り注いでいます。夜間部の皆さんは、朝の気温が低い時間に職場に出かけ、1日働いて、夕方になって熱い空気に包まれながら登校してきます。ご苦労様。体調を崩さないよう注意してください。

《今日の給食》

 今日のメニューは、チキンオーブン焼き、シーフード炒め、青菜と油揚げの煮浸し、キャベツの青じそ和え、りんご、みそ汁、つぼ漬でした。みそ汁のタマネギが甘くて優しい味でした。


▲牛乳の国体パッケージと今日の補助員(2年生午後部)の二人
 今日から始まったバレーボール競技少年女子の補助員として本校生徒がお手伝いをしています。日中は気温が高いけれど、こまめに水分をとって頑張ってください。


《後期始業式》

▲司会・進行の夜間部教務主任早川先生    ▲森校長先生のお話を真剣に聞く生徒たち 

▲生徒に語りかける森校長先生
 校長先生のお話には、いつも生徒に対する優しさがつまっています。結城二高に10年以上勤務している私が気づかないようなことについても、実によく感じ取ってくださっていて、生徒の皆さんは幸せだなあと思います。
 以下、私なりに聴き取った内容を書いておきます。

 終業式でのメッセージは皆さんに伝わったでしょうか。
 この半年間を振り返って、自分のできることや得意なこと、なかなかできないことや不得意なことを自分なりに感じ取ってください(校長先生は自己分析というふうに仰っていました)。
 自分のやってみたいこと(夢)を大事にしてください。
 令和元年度の後半(これからの半年間)、少しずつ自分の夢や目標に向かって努力を積み上げていってください。

【伝えておきたいこと】
 よく言われることですが、人は100日(およそ3カ月)努力すると少し変われるものです。少し変わったなと思ったら、そこを出発点にしてまた100日(およそ3カ月)努力してください。するとまた少し変わります。1回1回の変化はわずかなものかもしれませんが、その少しの変化を積み重ねていくと大きく変われるものです。
 10月1日から3カ月で1月1日、また3カ月で4月1日です。少しずつ少しずつ努力して自分らしい自分になってください。

▲ハマナス                    ▲ヒルガオ

▲ジシバリ                    ▲ヒメジオン
 植物というものはすごいもので、どのような環境にあってもその植物はその植物として育ち、その植物として一生を終えます。どんな環境にあっても根を張り、葉を茂らせ、花芽を結び、花を咲かせます。そして実を結ぼうとします。
     
 
【令和元年10月1日(火)】
 忙しさにかまけていたら、令和元年度前期が終了し、今日は後期始業式です。前期終業式では見られなかった顔も見られて、少しほっとしています。仕事に就きながら、あるいはアルバイトをしながら未来の夢に向かって努力している皆さん、期末休業の3日間で休養できましたか。


《今日の給食》
 今日のメニューは、さばの味噌煮、肉団子、厚焼き玉子、もやしのソテー、ごぼうサラダ、すまし汁、つぼ漬です。

▲いよいよ始まりました「いきいき茨城ゆめ国体」。結城二高の生徒は、バレーボール少年女子の補助員として明日10月2日から10月5日までかなくぼ総合体育館で競技運営のお手伝いをします。かなくぼ体育館に集まった人々によい思い出をつくってあげてください。

《前期終業式》
 終業式の始めに表彰式を行いました。

▲司会・進行は夜間部教務主任早川先生    ▲表彰式での森校長先生と生徒会役員の佐藤さん
 
▲表彰式
 表彰式の後、校長先生がことばと歌でメッセージを伝えました。

▲終業式でメッセージを伝える森校長先生 ▲歌に乗せてメッセージを伝える森校長先生

▲画像のオペレーションをする冨山先生
 私は、この日は夜間部の終業式だけに出席しました。
 歌詞の中には、1等賞になることと同じように1等賞になれないことの大切さが込められていたように思います。それから1等賞になれなくても努力を続けている人間の強さや優しさが込められているとも思いました。

【伝えておきたいこと】
 今年度の前期で夜間部の皆さんに教わったことを少し書いておきます。
 自分の反省なのですが、大人はよく物事の可否や善悪を口にします。その言葉自体は間違いではないのだろうけれども、相手に対する寛容さがないような気がします。
 でも、夜間部の皆さんは可否や善悪を言う前に相手の立場を尊重して、優しく包み込んでくれているような気がします。失敗しても元気づけてくれるし、うつむいていると心配してくれるし、随分助けられました。私のように言葉にはしないのですが、我を張らずに相手の居場所を自然に考えてくれる人が実に大勢います。その優しさ、思いやりが夜間部という特別の時間を支えてくれているのだと思います。
 夜間部の皆さん、これからもよろしくお願いします。それから、この記事を読んでくださっている皆さん、どうか夜間部をよろしくお願いします。

▲ある東北の風景(1)            ▲ある東北の風景(2)

▲杜若の咲く風景
 
【令和元年9月9日(月)】
 台風15号が本日の未明から午前にかけて茨城県を通過して東北の東海上に抜けていきました。
 雨よりも風による被害が心配されます。皆さんやご家族、お宅やご近所は大丈夫でしたか?登校の途中で危険な思いはしませんでしたか?
 電車のダイアも乱れて、登校に苦労した人もいるのではないかと心配しています。
 明日から前期末考査です。気を取り直して準備してください。

▲台風は過ぎて青空は戻ったけれど。

《今日の給食》
 今日のメニューは、二層メンチカツ、焼きそば、五目豆煮、ハムのマリネ、すまし汁、梨、さくら大根です。

▲梨は塩水をくぐらせてあって甘みが引き立ちました。
 牛乳のパッケージの関連です。本校の生徒達が結城市で開催される国体少年女子バレーボール競技の補助員として運営に携わります。(10月2日から10月5日)

《台風一過》
 今日一番心配していたのは、台風の被害がないかということです。
 昨日から水戸線の時間限定運休の知らせが入っていたので、再開時間を考えて下館駅に赴き、駅員さんと話して直接情報を集めていました。午前10時30分の段階では、列車の調整ができず、1時間に1本運行させるのが精一杯のようでした。特に水戸線は常磐線直通の列車があるので、常磐線に不都合があるとすぐに水戸線に影響があります。午後には倒木や架線点検のための不通や遅延が見られました。夕方になって少しずつ平常に戻りつつありますが、思わぬ箇所の倒壊等も考えられます。十分注意して登下校してください。

▲次の列車を示すパネル
 時刻ではなく目安が表示されていました。こんな経験は私は初めてです。
 明日から前期末考査が始まります。時間割を確認してテストの準備をしてください。
 
【令和元年9月6日(金)】
 夜間部の皆さん、いよいよ来週火曜日から前期末考査です。準備は進んでいますか。
 とにかく確認と準備が大切です。考査に合わせた課題やノートの提出もあるでしょう。確かな情報を集めて、覚えることは覚えて、提出するものは提出して、努力した結果を成績に反映させましょう。分からないことはすぐに先生方に相談してください。

▲先生方はいつも皆さんの質問や相談を大海原のように大きな心で待っています。

《今日の給食》
 今日のメニューは、焼き肉丼、大根サラダ、和梨ゼリー、コンソメスープ、牛乳です。
 牛乳のパッケージについては、残念ですが「いきいき茨城ゆめ国体(9/28~10/8)・いきいき茨城ゆめ大会(10/12~10/14)」までになるようです。

▲ボリューム満点でした!

《台風が近づいています》
 本日のホームルームや授業、休み時間等で、期末考査初日の台風に関する対応について連絡があったと思います。現在のところ、通常どおりの授業が予定されていますが、台風の接近によって授業の一部に変更がある場合も考えられます。
 変更等の情報は、結城二高のホームページや緊急情報メールを通じて連絡します。注意してください。
 
【令和元年9月5日(木)】
 夜間部の皆さん、来週火曜日からの前期末考査の準備は進んでいますか。
 いろいろ思い悩むことがあると思いますが、目の前のことにいっしょうけんめい取り組むことが大切だと思います。
 昇降口のモニターには,前期末考査についての注意事項が映し出されています。確認しましょう。


《給食を食べましょう!》
 このところ検食の時間に間に合わないことがあって、夜間部の先生にお願いして検食をしていただいています。昨日の給食は一番最後になってしまいました。その時に夜間部の皆さんの給食利用の状況を確認しました。蒸し暑さのせいかもしれませんが、給食を食べに来ない人もいるようです。
 栄養バランスも、味付けも、おかずの品数もバッチリ(ちょっと表現が古いかな?)です。給食をしっかり食べて夜間の授業やテストに備えましょう。


《笑顔ください!!》
 シャイな生徒が多い夜間部では、なかなか笑顔の写真が撮れません。
 それでも、今日も夜間部の大勢の皆さんといろいろなお話ができました。(中身は内緒です)



▲写真は、今日話ができた人の写真です(以前に撮影)
 

【令和元年9月4日(水)】
 夜間部の皆さん、夏休みが終わりました。
 昇降口のモニターには,来週火曜日から始まる前期末考査についての注意事項が映し出されています。何事にも準備が大切。自分の事ですから、一つ一つ点検しましょう。勤務時間や家の手伝いの時間がありますが、上手に勉強する時間をつくりましょう。困ったことがあったら先生方にすぐ相談してください。


▲筑西市で行われていたひまわりフェスティバルでの1枚。誰に見られることも意識せずにひまわりの花は与えられた場所で咲いています。「日々是好日」ですね。


▲さて、今日の給食ですが、チキンピカタ、いんげんソテー、はすのきんぴら風、わかめサラダ、笹かま、つぼ漬けでした。もちろん私のお気に入りのパッケージも見えますね。

《昨日に引き続き》
 今日も体育の授業に参加しました。

▲バスケットボールの授業を終えて挨拶するところです。12分ゲームを2ゲーム終えたところですが,きちんと整列して挨拶をしています。メリハリがついていてよいと思います。

《照れ屋な夜間部生徒の下校風景》


▲シャイな夜間部のみんなはきちんと挨拶をしてくれるのですが、スマホのレンズを向けると顔を隠してしまいます。それでも元気な様子を皆さんにお伝えしたくて掲載しました。ご覧になった皆さん。彼らを応援してください!!
 
【令和元年9月3日(火)】
 夏休みが終わりました。夏休みは,いろいろなところに出かけて,たくさん遊んで,たくさん本を読んで,大勢の人に出会って,日ごろは体験できないことをして過ごせましたか。アルバイトや家の手伝いが忙しかった人もいるかもしれませんが,それでも自分の時間をいつもよりはたくさんもてたことでしょう。

 私は,忙しく過ごしました。勉強会に行って,東松島のお年寄りのところに2度行って,タイ王国への短期留学の引率をして,母校の大学に関わる研修会を運営して,大学の先輩が校長先生をしている神奈川の高校を訪ねて,とにかく忙しかったです。
 その中でいろいろ考えました。
 異郷に遊ぶと「郷に入れば郷に従え」と思います。「一期一会」とも思います。
 先輩の激励の言葉からは「誠意誠心」が伝わり,人生の主人公である自分に「先ず隗より始めよ」という思いを抱かせます。

 計画をしていてもそのとおりには行かない。もがいてもあがいても望むような結果には繋がらない。でも、それが当たり前のことなのではないでしょうか。そのもがきの、あがきの中で、新たな自分を発見し、絵に描いた餅でない自分をしっかり掴まえて、自分らしさを失わずに生きていくのが本当のところではないでしょうか。


 そして今日も「日々是好日」を感じます。


▲9月2日の給食は、豆腐ハンバーグ、白菜のピリ辛炒め、切り干し大根の煮付け、ほうれん草のお浸し、小板、サクラ大根。お気に入りのパッケージの牛乳もありました。

▲9月3日の給食は、さんまのおろし煮、ミニトンカツ、野菜炒め、ひじきの煮付け、花野菜サラダ、ポーク焼売、サクラ大根でした。もちろんお気に入りのパッケージの牛乳もありました。

《体育の授業》
 今週も体育の授業に参加させていただきます。

▲バスケットボールの授業を終えて中島先生から説明をいただいているところ。なかなかシュートが決まらず苦戦しました。

▲バドミントンの授業を終えて長沢先生のお話を聞いているところ。夏休み明けの体育で少々疲れました。
【令和元年7月22日(月)】

 忙しさにかまけて更新をせずにいたら10日が過ぎました。(反省)今日は,夏季休業前集会の日です。
 大雨や事件・事故の報道が続いています。今日の集会では,無事に夏休みを乗り切ってほしいというメッセージを先生方は異口同音に伝えていました。
 それから,校長先生から生徒諸君に素敵なプレゼントがありました。
 6月21日のフレックス教育セミナーで石隈利紀先生が話題に挙げた「いのちの理由(わけ)(さだまさし作詞・作曲・歌)」をギターの弾き語りで聴かせてくださいました。
 さだまさし世代の私には,抑えた表現ながらも,とても重たいテーマをできるだけ丁寧に,できるだけ痛みを感じないように,でも伝えなければならないことは言わせてほしいという楽曲の作り方,歌い方で表現している歌に感じられました。
 一言で言えば,「ずいぶんデリケートな曲」。その曲に校長先生は挑んで,生徒諸君が自分自身を見つめる夏のテーマを示したのだと思います。
 生徒諸君!この夏は,アルバイトや仕事に負けないで過ごしてください。そして自分の未来のために勉強してください。応援しています。


▲今日の給食はサンドイッチとヨーグルトとバナナ,それにお気に入りのパッケージの牛乳でした!

《夏季休業前集会》

▲丁寧に丁寧に思いを伝える森比呂志校長先生

生徒指導主事兼井雅典先生のお話  ▲いつもながら真剣なまなざしの生徒達

《おまけ》
先週も体育の授業に参加させていただきました。自分がプレーしていると写真が撮れないのですが,始まる前のウオーミングアップの時に少しシャッターを切りました。

▲バスケットボールがリングに吸い込まれる前の瞬間!
【言い訳】私は,バスケットボールの試合になると写真を撮っている余裕がなくなります。ゲーム中は生徒諸君の素晴らしいプレーが続出していて,写真を撮ってくれる人がいればいいのになあといつも思っています。

▲2年生と4年生のバドミントンでは,準備も自分から率先して行います。


▲チームワークが大切なダブルス
 9月になっても授業に参加させてください。中島先生,長沢先生,生徒諸君,よろしくお願いいたします。(ペコリ)

【令和元年7月12日(金)】

 1週間の振り返りをする金曜日になりました。
 先週から今週初めにかけて,大雨被害の報道が毎日のようにありました。降水量が多かった地域の状況が心配です。被害が最小限であることを祈っています。どうぞ被害が広がりませんように,人命に影響がありませんように。
 まだ梅雨は明けていません。来週のうちに関東地方は梅雨明けするような天気予報がありました。
 梅雨が明けてから10日間くらいは天気が安定します。(「梅雨明け十日」と言って,登山をするときにもっとも安定した時期として計画したことを覚えています。)
 自分の1週間を考えてみると,自分なりに仕事したなって思っています。それから神社の境内も2回掃き清めました。武道の稽古も少しできました。(後半はオーバーワークで休養しましたが,まあ合格です。)ブログは3回書きました。読書はさぼりました。(反省!!)
 みなさんはどのような1週間を過ごしましたか?「照顧脚下」のためにも振り返りは大切です。


《今日のトピック1》
 7月10日から12日までの給食を紹介します。(夜間部の生徒諸君の活力の源(?)だと思っているのは私だけでしょうか?)


▲7月10日 豚肉のスタミナ炒めの向こうに餃子が一つありました。

▲7月11日 チキンピカタがメインでしたが,私の好物はこんにゃくのピリ辛煮でした。笹かまにはわさび付きでした!

▲7月12日 ハンバーグデミソースが中央に収まっています!

《今日のトピック2》
 今週は校内の授業参観週間でした。授業風景を収めましたので紹介します。


▲7月9日11時間目,夜間部2年次と4年次の「体育(バドミントン)」
 写真を撮った後,私も参加させていただきました。



▲7月11日10時間目,夜間部4年次の「情報の科学(表計算処理)」
 モニターをのぞいてみると,私にはよく分かりませんでしたが,生徒諸君は私ではうまくいかないような計算をたやすくこなしていました。




▲7月11日10時間目,夜間部1年次の「コミュニケーション英語基礎」での月の名前を順番に言うゲーム(パン・パン(手拍子) 「ジャニュアリー 」(パン・パン) 「フェブラリー」・・・・・・・・と続けていき,先生が示している月を飛ばして言う)でした!

▲ゲームの中でミスをすると罰ゲームで「ピーター パイパー ア ペク オブ ピクルド ペッパー」の早口言葉を3回言うことになっていました。



▲7月11日10時間目,3年次体育(バスケットボール)
 広いコートを駆け巡っていましたが,時折疲れて歩く人もいます。右下の写真は,高いシュートブロックをかいくぐってシュートをしたところです。リングの近くまでボールが飛んでいっています。



▲7月11日12時間目,3年次の「生物基礎」
 「生物基礎」では,多目的ホールを利用して映像資料を見てイメージづくりをしてから問題を解いていました。
 
【令和元年7月9日(火)】

 日本列島の上空には前線が止まっています。なかなか天候が回復してくれません。降水量が多かった地域の状況が心配です。被害が最小限で収まることを祈っています。どうぞ被害が広がりませんように,早く避難ができて,人命に影響がありませんように。

  夜間部の生徒諸君が登校してくるのは,午後5時前後です。今日も曇り空の下,登校してきます。先ほど(午後5時25分頃)教室を見て回ったら殆どの生徒が登校していました。(恥ずかしがり屋さんが多いので写真は撮れませんでした。)給食を食べて5時40分からの授業に備えてください。


▲鮭のムニエルが中央にありますが,個人的には牛肉のしぐれ煮が好きです!

《今日のトピック》
 昨日はPTA研修旅行で訪れた鹿島神宮を紹介しました。その続きを少しだけ(?)書きます。


 上の案内図の右の方に大鳥居(二の鳥居)があります。
 大鳥居をくぐって,少し進むと手水場があって,そこで手と口を漱ぎます。
右手でひしゃくを持ち,静々と水を汲み,左の手,右の手の順で手を清めます。次に左手を器代わりにして水を受けて口を漱ぎます。
 それから進んでいくと楼門があって,楼門の表には弓箭を帯びた武士が控えています。裏側には幣束が飾られています。
 先に進むと左手に社務所,右手にご本殿があります。ここで二礼二拍手一礼の作法で参拝します。拍手は左手を少し前にして行います。
 「神仏は頼まず,ただ敬す」と言われます。神頼みはほどほどにすること,願いが叶ったら必ずお礼参りをすることは常識です。(お礼参りを怠ると日本の神様は大体が祟ります。)
 さらに進んでいくと,奥宮に通じる参道になります。少し行くと左手にさざれ石があって,その奥が鹿園です。
 さらに進んでいくと奥宮が右手に現れます。奥宮の先を左に折れて坂を下りて行くと御手洗の池に着きます。奥宮の先を右に折れていくと要石に着きます。
 私は若い頃,御手洗の池の寒中禊ぎに何度か参加しました。
 要石は,地表に出ている部分はわずかですが,地中に埋まっているところがあまりにも大きくて,江戸時代に掘らせたけれど途中で断念したと言われています。要石は,地震を引き起こすと言われていた大ナマズの頭を押さえている石とされています。

【令和元年7月8日(月)】

  北の気団と南の気団が日本列島の上で勢力争いをしています。5月頃は南の気団が強くて一方的に熱い空気を押し上げていました。今はその気団がそのままではいられなくて北の気団に押しやられそうになっています。(梅雨明けはまだ先ですね。)
 全国各地の状況が心配です。被害が最小限で収まることを祈っています。どうぞ被害が広がりませんように,早く避難ができて,人命に影響がありませんように。祈っています。


▲今日もおいしくいただきました!

《今日のトピック》
 先週予告していたとおり,昨日七夕にPTAの研修旅行で鹿島神宮を参拝してきました。
 皆さんもご存じのとおり鹿島神宮は,常陸一宮で,全国に「神宮」を名乗ることを許されている神社の中の一つです。ご祭神は「建甕槌神(たけみかづちのかみ。『古事記』には「建御雷神」とありました。)」です。
 前日に『古事記』を引っ張り出し神話の時代から神武天皇の頃までを何年ぶりかで読み返しました。

 ここから神話の世界の話です。

 伊耶那岐命(いざなぎのみこと)と伊耶那美命(いざなみのみこと)が,天の神に命じられて国づくり(国産み)をします。その後,大勢の神を産みますが,伊耶那美命が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ。火の神)を産んだときに火傷を負ってしまい,亡くなります。
 その悲しみから伊耶那岐命は十拳剣(とつかのつるぎ)で火之迦具土神をあやめてしまいます。その際に生まれたのが建御雷神です。
 建御雷神は,天照大御神に命じられて大国主神のところに派遣され国譲りをさせたり,神武天皇が熊野に入るときに太刀として遣わされて行く手を阻む大熊(熊野の地の神の化身。神武天皇の邪魔をした。)を切り伏したりしました。
※八咫烏(やたがらす。サッカー日本代表の胸に入っている三本脚の烏)が神武天皇の道案内をしたのもこのときです。詳しくは『古事記』を読んでみてください。

 本題に戻ります。

 午前9時35分頃,鹿島神宮の二の鳥居の脇の駐車場に到着しました。

▲こちらが二の鳥居(一の鳥居は北浦の最南端の岸にあります)


▲鹿島神宮の案内図です。

 鹿島神宮の参道は外浦(鹿島の大地の西側に広がる北浦の南端の水辺)から真東に延び,松尾芭蕉も滞在した根本寺の近くを上り,鹿島城を見ながら二の鳥居に向かうのが,江戸時代の参拝の道でした。
 案内図にあるとおり,二の鳥居から先は,水戸藩がお留めの森として人の立ち入りを禁じた原生林が社を覆っています。
 鹿島神宮の祭神は,神話でも紹介しましたが,天皇家の窮地に現れて難問題を解決する神です。







▲ご本殿からさざれ石,奥宮,御手洗の池(みたらしのいけ)


▲要石と芭蕉の句碑

【令和元年7月5日(金)】

  昨日の午後から北側の気団の勢力が強くなったのか,結城市周辺は一次的に晴れました。本日は少しずつ雲が厚くなって雨が降りそうです。
 九州南部から大雨による被害が伝えられています。土砂崩れによってお亡くなりになった方もいらっしゃるようです。とても心配です。
 どうぞ被害が広がりませんように,早く避難できて,人命に影響がありませんように。祈っています。


▲週末はポークカレーでした!

《今日のトピック》
  日曜日にPTAの研修旅行で鹿島神宮を訪れます。祭神は建甕槌神(たけみかづちのかみ)で大国主命(おおくにぬしのみこと)の国譲りの際に活躍しました。(詳しくはネットで調べてみてください)来週報告します。

  昨日のバスケットボールの写真が1枚だけありました。授業の終わりの整列のところです。傍らで用具の片付けをしているのでまだ揃っていませんが,みんな頑張りました。うまくなっています。


《花のある風景》

▲水戸市郊外のダムの傍で。
 
【令和元年7月4日(木)】

  九州南部から大雨による被害が伝えられています。天気予報によれば,土砂崩れの危険性の高い地域が広範囲にあるようです。とても心配です。
 どうぞ被害が広がりませんように,早く避難できて人命に影響がありませんように,祈っています。




《今日のトピック》
 七夕飾りが昇降口に飾られて,1週間を過ぎました。願い事が書かれた短冊も増えました。自分の幸せを祈ったり,身近な人の幸せを祈ったりしています。心が温かくなるような短冊もたくさんありました。来週の日曜日には七夕です。願い事を託してみては如何ですか。1年に1度のお願いです。大事に大切にしてください。



▲短冊が増えました!


▲自分の事を思うよりみんなの幸せを願う短冊が多かったような気がします。

《おまけ》
 今日は10時間目の体育(バスッケトボール)と11時間目の体育(バドミントン)に参加させていただきました。オーバーワーク気味ですがとても楽しかったです。中島先生,長沢先生,3年3組,2年5組,4年3組の皆さんありがとうございました。
《花のある風景》

▲昨年の12月,筑西市の某所で季節外れのさくらが咲いていました!
 
【令和元年7月3日(水)】

  九州南部や四国地方で大雨による河川の増水や土砂崩れの虞について報道されています。気象庁も記者会見し,危険が迫る前に避難するよう呼びかけています。どうぞ被害が広がりませんように,早く避難できて人名に影響がありませんように,祈っています。

《今日のトピック》
 今日は,出張で笠間市にある陶芸美術館に行ってきました。旧笠間市の東部にあって,北側には佐白山と日動美術館もありますが,出張の内容は美術品の鑑賞ではなく,茨城県高等学校教育研究会総会と講演会でした。
 講演では,水戸市にあるカウンセリングルームの代表の方がいらっしゃって,生徒の相談事を聴かせてもらうときに大切なことをいろいろ教えてもらいました。
 夏休みが近づいていますが,学校から離れることに心配や不安を抱いている生徒もいますよ,と話してくださいました。何かあったら遠慮なく声をかけてきてください。待っています。


▲7月3日はさんまの生姜焼き!

▲7月2日は豚肉となすの味噌炒め!

【令和元年7月1日(月)】

  台風が通り過ぎ,梅雨前線がなかなか関西に下りてこない状態で九州一帯は大雨に見舞われています。思わぬ降水量と河川や堤防の未整備区間は住民の生活を脅かします。
 大きな災害に見舞われませんようお祈りします。

《今日のトピック》

 今日は性教育講話が本校で実施されました。東京から「ReBit(リ・ビット)」というNPOのお二人の方が講師としてお出でくださり,午前部第1校時・第2校時,午後部第7校時・第8校時,夜間部第11校時・第12校時の3回にわたって生徒や先生方に話してくださいました。
 画像はありません。お二人でわかりやすくお話しくださいました。内容を私なりにかいつまんで申し上げます。

 一人一人の感性は当然異なっています。
 「・・・らしくあるべき」や「・・・しなければならない」に拠って生きている人もいますが,それだけを他者に強く求めるのはどうでしょうか。
 違いがあって当たり前のお互いを緩やかに受け入れていくのがよいのではないでしょうか。

 ReBitの皆さん,間違っていたらごめんなさい。

 それでは,給食です。



▲7月1日二層メンチカツと焼きそばが仲良く並んでいます。


▲6月28日金曜日はカツ丼でした。(金曜日は記事を休みました)

▲お気に入りのパッケージ!

《おまけ》

▲一昨年,茂木町で
 
【令和元年6月27日(木)】
  今日は昨日にまして気温が上がり,湿度も高かったですね。午後に用事があって車で外に出たところ,外気温が32度を示していました。
 明日は,生徒生活体験発表大会です。クラス代表の皆さん頑張ってください。
 それでは,給食です。


▲お気に入りのパッケージ!
《七夕飾り》
 昨日の午後から七夕飾りが生徒昇降口に設置されました。竹は結城中学校から図書館担当の早川先生がいただいてきてくれました。図書委員の皆さんと図書館の先生方で準備をしてくださいました。今日から願い事を書いて笹の葉に付けられるようになりました。






▲願い事を笹の葉に下げました。

 私は「みんなが笑顔で暮らせますように」と書いて下げました。

《1年5組体育(バドミントン)の授業》

▲準備が大切ですが,スマホを向けるとポーズをとる人もいます。


▲準備を終えて先生の説明を聞く1年5組の生徒諸君



▲授業開始のウオーミングアップでシャトルを打ち上げている生徒諸君

《おまけ》
 今日は2年5組と4年3組の体育の授業に参加しました。体育館が明日の生活体験発表大会の会場として準備されているため,小体育館で体を動かしました。内容は内緒ですが,かなりの運動量があって,結構本気モードで走り回りました。50代後半の私にとってはオーバーワークかもしれませんね。

▲朝靄の最上川(2枚とも6月2日早朝佐藤撮影)

【令和元年6月26日(水)】
 今日は気温も湿度も高くて厳しい一日でした。それでも元気な笑顔を見せてくれた夜間部の生徒達がいました。
 それでは給食からレポートします。

 今日は,えびフライが真ん中に,隣に唐揚げ,そして混ぜ込みご飯で大満足でした(私だけ?)。それからお気に入りの牛乳パックもデザインがいくつかあって,並べてみるとうきうきします(私だけ?)。




《笑顔ください》
 シャイな生徒諸君が大勢いる夜間部なので,先週から作戦を変えて体育の授業に参加したり,一緒に給食を食べたりしています。その甲斐があって(?)少しずつですが,笑顔を向けてくれる人が増えてきました。


▲夜間部1年生の給食の様子です。
▼夜間部3年生の体育の授業(バスケットボール)開始前の様子です。



▲シュートを打った後,リングに吸い込まれるボールを見上げています。



▲授業終了後,私を意識してわざとらしい様子で体育館を後にする生徒諸君!
 生徒達は基本は恥ずかしがり屋だと思います(私もそうでしたから)。でも一緒に給食を食べていたり,体育の授業で一緒に走ったりしているとなぜか仲間のように接してくれます。教頭になってから授業を担当する時間が年間に1時間2時間になってしまい,距離を感じることがあります。それでも,一緒に過ごした生徒は距離を自分から縮めてくれます。心から「ありがとう」と感じる瞬間です。そしてその時に思うのです。この子達は自分なりの生き方を見つけて毎日学校に脚を運んでいる。中学校の時や小学校の時にお世話になって先生方には,今のこの子達の様子はどのように映るのだろうか,と。だから「笑顔ください」と生徒にお願いしています。

《予告》
 明日は,「七夕飾りが飾られました」と,「夜間部1年生のバドミントンの授業」についてレポートします。

▲生徒昇降口に今日の午後,設置されました。

【令和元年6月25日(火)】
 梅雨の晴れ間です。湿度は高かったけれど晴れました。旧暦の五月晴れです。
 今日は,夜間部給食の時間に大勢の生徒の皆さんに声をかけて写真を撮らせてもらいました。と言っても恥ずかしがり屋さんが多いので後ろ姿ですけれど。それでも嬉しかったです。
 それから,体育の授業にも参加させていただきました。そちらの報告は明日にします。

▲グリルチキンが中央にポジションをとっています。手前はお気に入りの牛乳
 昨日の給食では,事前のメニューではさんまの生姜煮だったのですが,どうやら鯖だったようです。訂正してお詫びします。
 さて,今日のメニューは若い皆さんに好評だったと思います。

▲パッケージには何種類かあるようです。

▲よく手を洗ってから,キッチンタオルで手を拭きます。


▲今日は後ろ姿中心に編集しました。

 シャイな生徒が多くて後ろ姿ならOKだと言うことで,写真を撮らせてもらいました。ホームページをご覧になった中学校の先生や知り合いの方が喜んでくださることと思います。夜間部生徒の皆さんご協力ありがとうございます。

《明日の予告》
 明日は,顔出しOKの給食の写真と体育の授業の様子を掲載します。

▲予告編

【令和元年6月24日(月)】

 夏至を過ぎても梅雨は続いています。天気図を読める(気象状況が分かる)人はいますか?私は若い頃山登りをしていたので天気図が読めます。ここ数日の天気図を見ると雨が降るのは当たり前,ゲリラ豪雨に見舞われたり,ところによって雷が発生するのもうなずけます。とにかく備えあれば憂い無しです。用心して過ごしてください。
 さて,本日は夜間部の皆さんが登校してくる時間帯に別の仕事をしていたので「笑顔」をもらえませんでした。そこで,給食と土曜日の報告をします。

▲さんまの生姜煮がでんと構えていました。
《土曜日の報告》
 土曜日は,暗いうちに家を出て,毎月恒例の宮城県東松島市あおい地区西公民館に向かいました。家の畑で取れたじゃが芋をお土産にして,津波被害から立ち直って頑張っているお年寄りとお話をするために出かけました。
 22日土曜日は,イベントがあるらしく公民館は人の出入りが多くて,お年寄りもあまり来なかったので,早めに引き上げて山形県鶴岡市に向かいました。
 6月2日に鶴岡を初めて訪れて以来気になっていました。大学の時にお世話になった先輩がお城の近くに住んでいるからです。また,先週,山形県の沿岸部で大きな地震が発生したので,先輩はどうしておいでかと思っていました。
 幸いにも鶴岡市の中心部はほぼ無傷でした。突然の来訪は先輩に迷惑をかけると思い,無事を確認した後,日本海を見に車を西に走らせました。生憎の天気で,日中でも雷雨が激しく稲妻が光っていました。
 市街地から離れて行くにつれ,状況が変わってきているなと思いました。日本海を右手に見ながら南下していくと,地震の被害が見て取れるようになりました。

▲▼青い部分は屋根の応急修理のためのブルーシートです▲

 ブルーシートの景色は,8年前の東日本大震災直後の茨城県と同じでした。きっとご苦労なさっているのだろうと思いました。
 山形県鶴岡市は新潟県村上市と県境を挟んで隣り合っています。村上市に近づくにつれ壊れた家が多く見られるようになりました。何かお手伝いができればという気持ちもあって国道7号線から沿岸部の道路に入っていきましたが,どの集落もある程度片付いているようで,押し売りのボランティアは似合わないと思い,景色を眺めながら家路につきました。

▲観光地図が表示されていました。

▲日本海に沈んでいく夕日

▲夕暮れの岸辺

【令和元年6月19日(水)】

 今日は天気が崩れることなく,日中は気温が上昇しました。夜間部の皆さんが登校する頃になってようやく気温が下がってきたような気がしますが,湿度は高いままでした。
 先ずは給食のレポートからします。

    

○豚肉の塩たれ焼がメインですが,生徒の皆さんは焼きそばに箸が行くようです。私は紅てまり串という串に行きました。煮物も丁寧に仕上げてありましたが,若い皆さんにはどうでしょうか。
 そして,お気に入りの牛乳(パッケージがいい感じ!!)を飲みました。
 味噌汁もやさしい味でした。

《今日のトピックス》
 昨日も「笑顔ください」の写真があまり撮れなかったので,夜間部の皆さんが登校してくるところを校門のところで待って(待ち伏せ?),笑顔をもらおうとしました。午後4時55分から待っていたのですが,午後部の生徒達が帰るのに紛れてなかなか写真が撮れませんでした。駅まで出迎えに行って撮ろうとしましたが,会えたのは一人だけ。写真はNGの生徒だったので,一緒に歩いて登校しました。
 昨日の作戦では,体育の授業に参加して一緒に撮ろうと思っていたのですが,バスケットボールの試合に夢中になってしまい,計画は実行できませんでした。

 今日は写真撮影に集中しました。3年3組の体育の授業風景です。(これで作戦成功?です!!)

▲シュートを打った後ボールを見つめる選手▲左手ドリブルで切れ込む

▲リング下で囲まれながらもシュートチャンスを狙う▲パススチール

▲シュートチェックの上を撃つ    ▲ドリブルに対するディフェンス

▲ゆっくりフロントコートにボールを運ぶ 

▲シュートコースを見定めて     ▲きれいなレイアップシュート
 少人数でも元気いっぱいです!!
 昨日は私も参加させてもらって奮闘(?)したのですが,授業終了後,脚が痛くなったので,今日は作戦を変えました。

《おまけ》

▲「奇跡のリンゴ」のリンゴ畑と岩木山(2017年5月撮影)      ▲竜飛岬(青森県津軽半島最北端)津軽海峡(左に同じ)
 
【令和元年6月18日(火)】

 昨日は,笑顔の写真が5枚ほどあったのですが,欲張りすぎてブログを書けずじまいでした。今日は,体育の授業に参加させてもらって笑顔をいっぱいもらおうとしたのですが,またもや大失敗でした。
 先ずは給食のレポートからします。


▲《6月17日(月)の給食》豆腐ハンバーグや切り干し大根は私には大好評!!

▲《6月18日(火)の給食》鯖の味噌煮も私は好きです!!


▲▼夜間部の下校風景


 夜間部の生徒の多くは,昼間に会社勤務したり,アルバイトをしたり,家事を手伝ったりしています。午後4時頃に登校してきて,午後9時過ぎに下校します。夜間部の先生方の多くは昇降口で見送って,そのうちの生徒指導部の先生が結城駅まで出向いて電車に乗っていくまでを見届けています。
 生徒諸君気をつけて下校してください。そして,明日も元気で登校してください。

《おまけ》
 日曜日に思い立って海を見てきました。早くに出かけて海岸の清掃作業を手伝おうと思っていましたが,できませんでした。
 理由は次の写真から想像してください。


▲ヒントになる写真?(Face book参照)

 以下は大竹海岸と帰り道に出会った風景です。


▲大竹海岸へ下りていく坂道

▲大竹海岸(2枚とも)



▲霞ヶ浦へ流れ込む河川の右岸から筑波山を逆光で撮影
 
【令和元年6月14日(金)】

 今週も早いもので,あっと言う間に5日が過ぎました。皆さんの今週はどのようなものでしたか?楽しいことはありましたか?おかしなこと?はありませんでしたか?辛いことや悲しいことがあった人もいたんじゃないかな。でも,いろいろな出来事があなたを大きくしてくれる糧になると私は思っています。
 このページを書き始めたのは,夜間部の教頭として少しでも皆さんの笑顔を届けたくて,そしてひとりひとりの明日に繋がってくれればという思いからです。私の家にはリンちゃんのようなペットはいませんが,86歳になる母が家の庭や敷地の周りに花を植えてくれているので,少しずつ紹介していきたいと思います。


 ▲我が家からの筑波山  ▲グラジオラスが咲きました

《本日のトピックス》
 今日こそは,皆さんの笑顔満載の夜間部ページにしようと張り切っていたのですが,その思いが空回り。それでも二人が協力してくれました。


▲バスケのチームメート(ガッツポーズ)とバドミントン仲間(後ろ姿)


▲1週間の締めはポークカレー!!


▲お気に入りのパッケージの牛乳!!

 終末にアルバイトがある人も,家の手伝いで忙しい人も,時間を作って心と体を休めてください。そして来週も皆さんらしく明るい笑顔で登校してください。


【令和元年6月13日(木)】

 昨日,梅雨の晴れ間ということを書きましたが,今日はまさに「梅雨の晴れ間」でした。気温も27度まで上がりましたが,どことなく湿気が隠れているような感じがします。


▲いわしのトマト煮,私のお気に入りの牛乳パックも撮りました。

【本日のトピックス】

 今日は午後から結城中学校に行ってきました。帰ってきてから多目的ホールへ行き,夜間部のみんなと給食を食べながら「笑顔ください」の写真を撮ろうとしたら皆忙しいみたいで応じてくれませんでした。
 そこで,体育の先生方にお願いして授業に混ぜてもらいました。
 10時間目は,3年3組の体育でバスケットボールでした。5人対4人(もちろん私は5人チームです)で10分ゲームを2試合戦い,大差で敗れました(残念)。
 11時間目は,4年3組と2年5組のバドミントンでした。こちらも惜敗(生徒は動けますね)しました。
 でも,いい笑顔をもらいました。

▲バスケットのハーフタイム(自撮りでした)

▲片付けもみんなで楽しく行います。

令和元年6月12日(水)】

 夜間部ページ執筆も三日坊主には, なれました(昨日は出張だったので1日休みました)。
 昨日今日と梅雨の晴れ間で日差しがありました。貴重な晴れを生かして過ごしたいものです。


▲最上川の畔に咲くヒメジオン ▲最上川


▲日和大橋             ▲梅雨の晴れ間の結城二高

 三日坊主と言えば,「あきっぽく,何をしても長続きしないこと」を指す言葉ですが,取り敢えず三日続くことに価値を見いだしてもいいのではないかと此の頃思います。
 続けていくことだけが先行すると,行うことの意味や内容が薄れていったり,雑になったり,本質を見失ったりします。大切なことは,初心を忘れず,そのときそのときを努めていくことだと思います。


▲今日の給食

 今日の給食は,メインがプルコギ風の肉の炒め物のようでしたが,私には冬瓜のあんかけがよかったです。やさしい味が口の中に広がりました。この後,生徒達がにこにこしながら食べるのだろうなと思いました。


▲美味しそうに牛乳を飲んでいる1年次生(1年次生「笑顔ください」)


▲茨城ゆめ国体までの限定牛乳パッケージ


▲2年次生「笑顔ください」(恥ずかしがっていますが)


【令和元年6月10日(月)】

 先週から少しずつ書き始めた夜間部のページ。今日で3日目(取り敢えず三日坊主)です。

 昨日は,令和元年度茨城県高校総体兼全国定時制通信制体育大会茨城県予選会が水戸南高校・水城高校で開催されました。夜間部の生徒もバスケットボールやソフトテニスに出場し奮戦しましたが,惜しくも全国大会の切符は得られませんでした。


         ▲ベンチでの様子

   ▲ベンチでの様子       ▲開会式

【本日のトピックス】

 今日の第11校時に夜間部3年次4年次の合同ホームルームを開きました。進路について考えるために,私(佐藤)が就職試験受験者に,3年次4年次の担任が面接官に扮して,だめな例と大丈夫そうな例を見せました。
 だめな例については大爆笑がとれました(?)。大丈夫そうな例についてはつまらなかったかもしれません。面接官役の先生方は,だめな例については,真剣に怒っていて,それも面白い反応だなと思いました(カメラマンがいなかったので写真は撮れませんでした)。


     ▲コロッケ    ▲4年次の「笑顔ください」

       ▲3年次の「笑顔ください」

  ▲3年次の「笑顔ください」

【令和元年6月7日(金)】

 今日は金曜日,1週間を振り返る日です。

 私は月曜日にお休みをいただいたので,給食についての報告は4日分だけです。


  ▲6月4日鮭のムニエル     ▲6月5日コーンたっぷりフライ

  ▲6月6日豚肉の生姜焼き       ▲6月7日三色丼

 生徒達が多目的ホールで給食を食べています。栄養のバランスを考えたメニューです。私には十分なボリュームがあります。(15歳から19歳の若者にはもの足りないかもしれませんが。)



 今週は,3日月曜日から5日水曜日の3日間にわたって令和元年度の前期中間考査がありました。1年次生にとっては高校に入学してから初めての定期考査でした。うまく問題が解けた人もいるでしょうし,困った人もいるでしょう。点数が全てではありませんが,それぞれの教科・科目で身に付けなければならない能力があるので,能力が伸びていくように日頃から努力してください。2年次生以上の皆さんは,将来の自分をイメージして,それに見合った努力を続けましょう。


▲「笑顔をください」という声に応じてくれた夜間部生徒

【1週間の反省】

 先週末の土曜日に宮城県東松島市に行ってお年寄りと話をしながらマッサージをしてきました。午後3時過ぎから石巻市に移動して日和山を散策し,多くの歌碑や句碑を見て回りました。その後女川に行ってみたくなって車を走らせました。女川に入る前に,サンファン館(慶長遣欧使節に関するテーマパーク)があったので立ち寄りましたが,建物自体は閉まっていました。そのまま牡鹿半島を突端まで進みました。途中には,支倉常長が出航した湊跡があり,その湊を見下ろす高台に像が建っていました。帰り道は日が暮れてしまいました。夕闇の中,道路間際に鹿の群れが出てきていて草を食んでいました。女川原発の灯りが遠くに見えました。



▲サンファン館にある帆船       ▲支倉常長像

 明くる日曜日には奥羽山脈を越えて山形県に出ました。松尾芭蕉が平泉から山を越えて出羽国に入り,大石田から最上川を下って清川で船を下り,酒田や象潟を巡り鶴岡を訪れたように,そぞろ歩いてきました。
 最上川の畔の庄内町清川には,芭蕉と清河八郎の像がありました。こんなところで清河八郎に出会えるとは思ってもみませんでした。清河神社には,山岡鐵舟や勝海舟がその人物と偉業を讃えた石碑が残っていました。
 山岡鐵舟も清河八郎も私の年にはもうこの世にはいません。西郷南州もとうに亡くなっています。勝海舟や髙橋泥舟はもう少し長生きしましたが,何歳まで生きるかというよりどのように生きたかが大切だと改めて考えました。
 ところで,松尾芭蕉は何歳まで生きたか知っていますか?


▲石巻日和山にある芭蕉と曽良の像  ▲庄内町清川にある芭蕉像


▲酒田日和山にある芭蕉像 ▲酒田南州神社にある肖像画

【令和元年6月6日(木)】

 平成30年4月から夜間部教頭を務めます佐藤剛(さとう・つよし)です。よろしくお願い申し上げます。
 現在の夜間部には,34名の生徒(1年次生11名,2年次生8名,3年次生11名,4年次生4名)が通っています。多くの生徒は朝から企業で働いたり,アルバイトをしたり,家の手伝いをしたりして,夕方登校してきます。昨日(6月5日)まで前期中間考査があって,生徒諸君は少し疲れているかもしれませんが,多目的ホールでの給食の様子からすると,もう回復しているようです。
 今日から平常日課に戻ります。しっかり授業に取り組んで自分をつくっていってほしいと思います。


▲最上川のほとりで(ヒメジオンと朝靄の最上川)


志願して欲しい生徒像

『働きながら,学ぶ意欲のある生徒』

夜間部の特徴(4年間で卒業…4修が基本です。)

 ①昼間働くことで社会性を養うとともに,学費や進学するための

資金,就職するために必要な自動車免許の教習所代などを得る

ことができます。

 ②昨年度より,普通教室と給食を食べる多目的ホールにエアコンが設置され,快適な環境で学習や食事をすることができるようになりました。

給食費は,茨城県より1食あたり220円の補助金が出ています。

実際には1食約500円の給食(200mlの牛乳を含む)を,自己

負担金約280円で食べることができます。

 ④さらに,年間90日以上アルバイトをすると,教科書代全額と

給食費1食につき57.8円の給付金が茨城県より支給されます。

ちなみに,平成28年度の1年次生にはそれぞれ約1万円,合計

約2万円が給付されました。

夜間の落ち着いた時間帯に学校生活を送り,勉学に励むことが

できます。

入学時の必要経費入学前の3月末に必要です。)

諸経費                       約38,000円

        教科書・教材費         約12,000円

        制服代                       約50,000円

        上履き・体育着代      約26,000円

給食費                       約54,000円

      合     計              約180,000円 

(上記は平成29年度入学生の一例であり,消費税率8%での概算です。)

   < 給食 ・今日のメニュー  PDF形式です>   
 令和元年7月分 令和元年9月分令和元年10月分令和元年11月分 令和元年12月

010701.pdf

010702.pdf

010703.pdf

010704.pdf

010705.pdf

010708.pdf

010709.pdf

010710.pdf

010711.pdf

010712.pdf

010716.pdf

010717.pdf

010718.pdf

010719.pdf

010722.pdf

010902.pdf

010903.pdf

010904.pdf

010905.pdf

010906.pdf

010909.pdf

010910.pdf

010911.pdf

010912.pdf

010913.pdf

010917.pdf

010918.pdf

010919.pdf

010920.pdf

010924.pdf

010925.pdf

010926.pdf

010927.pdf

011001.pdf

011002.pdf

011003.pdf

011004.pdf

011007.pdf

011008.pdf

011009.pdf

011010.pdf

011011.pdf

011015.pdf

011016.pdf

011017.pdf

011018.pdf

011021.pdf

011023.pdf

011024.pdf

011028.pdf

011029.pdf

011030.pdf

011031.pdf

011105.pdf

011106.pdf

011107.pdf

011108.pdf

011111.pdf

011112.pdf

011114.pdf

011115.pdf

011118.pdf

011119.pdf

011120.pdf

011121.pdf

011122.pdf

011125.pdf

011126.pdf

011127.pdf

011128.pdf

011129.pdf



 
近日更新予定
令和2年1月分令和2年2月分new 平成31年4月分令和元年5月分令和元年6月分

020108.pdf

020109.pdf

020110.pdf

020114.pdf

020115.pdf

020116.pdf

020117.pdf

020120.pdf

020121.pdf

020122.pdf

020123.pdf

020124.pdf

020127.pdf

020128.pdf

020129.pdf

020130.pdf

020131.pdf

020203.pdf

020204.pdf

020205.pdf

020206.pdf

020210.pdf

020212.pdf

020213.pdf

020214.pdf

020217.pdf

020218.pdf

020219.pdf

020220.pdf

020221.pdf

020225.pdf

020226.pdf

020227.pdf

310408.pdf

310410.pdf

310411.pdf

310412.pdf

310415.pdf

310416.pdf

310417.pdf

310418.pdf

310419.pdf

310422.pdf

310423.pdf

310424.pdf

310425.pdf

310426.pdf

010507.pdf

010508.pdf

010509.pdf

010510.pdf

010513.pdf

010514.pdf

010515.pdf

010516.pdf

010517.pdf

010521.pdf

010522.pdf

010523.pdf

010524.pdf

010527.pdf

010528.pdf

010529.pdf

010530.pdf

010531.pdf

010603.pdf


010604.pdf

010605.pdf

010606.pdf

010607.pdf

010610.pdf

010611.pdf

010612.pdf

010613.pdf

010614.pdf

010617.pdf

010618.pdf

010618.pdf

010619.pdf

010620.pdf

010621.pdf

010624.pdf

010625.pdf

010626.pdf

010627.pdf

010628.pdf
 

茨城県立結城第二高等学校

〒307-0001
茨城県結城市結城7355
TEL 0296-33-2195
FAX 0296-33-6704
koho@yuki2-h.ibk.ed.jp
 



 

令和2年度入試情報

ペットの投稿募集中

あなたのペットを紹介しませんか?
「令和元年ブログ」でみなさんのペットを紹介します。以下のURLまたはQRコードに,写真を添付して送って下さい。
yakanbukyoutou@yuki2-h.ibk.ed.jp

①お名前(匿名やペンネーム可)
②本校生徒または保護者の場合はクラス(無くても結構です)
③ペットの紹介(種類,名前や年齢,特技,面白エピソードなど)
を添えて下さい。

投稿をお待ちしています
 

掲示板

Jアラート等緊急情報について
(茨城県教育委員会のページへ)
 
COUNTER301721
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立結城第二高等学校